20200905 「教科書」

おはようございます。

昨日は父の誕生日だったということもあり感傷的な記事でした。

さて、牧師は聖書が教科書になります。

私の仕事では「マネジメント」ドラッカー、「事業再生プロフェッショナル」清水さん、「はじめての組織図」自著を教科書としています。

他に参考書として、「はじめの一歩を踏み出そう」や「ザ・ゴール」などを紹介しています。

会社内で回し読みをしたり読書感想文を書いてもらう事で目指す姿を共有出来ます。

現在、これらを自分のコンサルティングの教科書としてまとめています。

理論だけではなく事例を交えて、しかも簡単に分かりやすくを目指しています。

最終形は私がいなくても教科書だけで実現できる方が表れてくれる事です。

人と組織には潜在力があります。

その潜在力を顕在化させることが私の仕事です。

書籍で具体的なイメージを持ってもらい多くの方が実現してほしいと願っています。

あなたは教科書を持っていますか?

無理せず出来る小さな一歩を、

「さあ、はじめよう」