20200813 「かける言葉」

まず、当ブログのコンセプトについて再掲します。

対象者は、企業経営者、管理職、ビジネスパーソンです。

管理職が読む事で何が得られるか?

部下を動かすコツが得られます。ご自身の行動のきっかけとなります。

同時に部下にとってどのようなきっかけを与えれば良いかのヒントになるでしょう。

ビジネスパーソンが読む事で何が得られるか?

当ブログを読む事で、考え込んでいて動けなくなっているビジネスパーソンの行動のきっかけとなるでしょう。

非エリート、非学者で現場実践叩き上げの人と組織のプロフェッショナルコンサルタント内海透が、日々の仕事や遊び交流の中から「さあ、はじめよう」のきっかけになるネタを提供します。

私が行動の一歩を起こすきっかけを提供する事が目的です。

しかし、相手によってかける言葉は違います。

失敗を恐れる人には「行動を細分化する」事で失敗のリスクを減らすようにしています。

失敗から立ち直りにくい人には「行動から得られた事実を伝える」事で次の目指すべき目標を設定するようにしています。

失敗を気にしない人には「事実を受け入れる」事で同じ失敗をしないようにしています。

 

相手によってかける言葉を変える事で、行動を促進できるからです。

上手に伝わっていないなと感じたら言葉のかけかたを変えたいものです。

無理せず出来る小さな一歩を、

「さあ、はじめよう」