20200702 「時給脳を越える(続編)」

「時給脳を越える(続編)」

 

行動への最初の一歩を後押しする“人と組織のプロフェッショナル”内海透です。

動けなくて忸怩たる思いをしている方へ「さあ、始めよう」と背中を押すブログです。

 

それでは、本題です。

時給脳の話は一部で好評でしたので続編を書きました。

時給脳から脱却できないのは「仕事」の捉え方の根本が違っているからです。

バイトをする時に気にするのが「時給」

学校を卒業する時に第一に見るのが「初任給」

が一般的です。

学生時代から「時給脳」が定着してしまっています。

それを仕事の価値に対する対価が報酬と切り替える事で時給脳から脱却できます。

ぶっちゃけシリーズなのでぶっちゃけますが、

私のセミナーの1時間あたりの報酬は2~10万円です。

検索すれば講師料の相場が出てきます。

しかし、はじめて講師として招聘され登壇するための事前準備期間は90日程度でした。たまたま、全ての仕事が無くなった時期でしたので1日16時間程度を準備に充てました。およそ1,440時間になります。

2時間のセミナーでしたので4万円でした。

4万円を得るために1440時間(事前準備時間)+2時間(当日登壇時間)を投入したので時給28円になります。

しかし、そのセミナーで顧客を獲得しました。さらに他のセミナーへ呼ばれるようになりました。その後200回ほどセミナーを行っている基盤となりました。
そして現在の自分が形作られました。

これを時給換算2000円程度と設定してしまうと20時間程度をかけてそれなりの物を完成させる事がゴールとなってしまいます。
それなりですので1回で打ち切り終了です。

時給換算が高い仕事につられてしまうと、自分で時給の壁を設定してしまう事になります。

2時間のセミナーの仕事で届けたい価値は何か?

に徹底的にこだわる事で時間給の壁を越えて価値提供へと脱却出来ます。

いきなりセミナーじゃなくても良いのです。

無理せず出来る小さな一歩を、

「さあ、はじめよう」

 

「さあ、はじめよう」ブログはこちらから

https://hcj.bz/category/start-now/

 

毎日届くメールマガジンの登録はこちらからお願いします。

メールマガジンには「ここだけ」の話満載です。

https://hcj.bz/toru-utsumi-start-now-magazine/