20200404 「後ろのドアを閉めて前のドアを開ける」

「後ろのドアを閉めて前のドアを開ける」

 

おはようございます。
行動への最初の一歩を後押しする“人と組織のプロフェッショナル”内海透です。
当ブログ「さあ、始めよう」のコンセプトについては
https://hcj.bz/toru-utsumi-start-now-concept/ をご参照ください。

それでは、本題です。

どっちもはやめよう。

という話です。
後ろのドア=これまでのお客さんや仕事など
前のドア=これからのまだ見ぬ世界
の両方をうまくバランスとる事は出来ないのです。
一時的に色々な面で厳しくなりますが前のドアを開いて新しい事を始めるのであれば、
過去を引きづらないのです。
これは、私が苦手な事です。
営業職出身という事もあり、みんなに好かれる事が得意です。
コンサルティングの仕事ではなく営業の関係性で仕事を引っ張れます。
が、営業で過去のお客さんを引っ張りすぎると新しい前のドアを開けなくなります。
惜しまれつつの方が良いのです。
副業も一般化してきました。
本業があるから副業という新しいドアを開ける事が出来ます。
が、いつまでも「どっちも」状態はやがて苦しくなります。
エイヤで始めるのは危険ですが、タイミングが遅いと現状のままです。
どちらを選ぶかは本人次第ですが、厳しいのは一瞬です。

「さあ、はじめよう」