20200323 「気休め」

「気休め」

おはようございます。
行動への最初の一歩を後押しする“人と組織のプロフェッショナル”内海透です。
当ブログ「さあ、始めよう」のコンセプトについては
https://hcj.bz/toru-utsumi-start-now-concept/ をご参照ください。

それでは、本題です。

気休めと言う言葉は良い意味では使われません。
が、本当に落ち込んでいる時には「気休め」の言葉だけでもありがたいものです。
だって、誰もあなたの代わりにはなれないのですから。
気休めの言葉をかけてくれる人がいてくれるのであれば十分じゃないですか。
今のあなたの厳しい状況を乗り越えられるのはあなたしかいません。
「気持ちだけ受け取る。」ので良いのです。

それを、
誰も自分の事を分かってくれない…
なんて贅沢な事です。
人は誰かを助けようと思っていてもなかなか助けられない。
「気にかけている」事を言葉として発した結果が気休めの言葉。
かけてもらうだけでなく、かけてあげたいですね。
人の事を思う。
思った事を言葉にしてみるだけ。
考え込まずに思ったままを伝えてみる。
最初は気休めの言葉しか掛けられないかもしれませんが。

「さあ、はじめよう」