20200322 「怖さの正体」

「怖さの正体」

おはようございます。
行動への最初の一歩を後押しする“人と組織のプロフェッショナル”内海透です。
当ブログ「さあ、始めよう」のコンセプトについては
https://hcj.bz/toru-utsumi-start-now-concept/ をご参照ください。

それでは、本題です。

 

さあ、はじめよう。
と背中を押してくれるのは分かりますが、
正直怖いんです。
やったことが無い事を始める恐怖。
やって失敗した時の恐怖。
良く分からないけど重たくのしかかる恐怖。
「内海さんみたいに独立する勇気があれば良いですが、
私のような普通の会社員が何かを始めるのはとても怖い事なんです。
言っても分からないでしょうが…」

いえいえ、私にも良く分かります。
私も普通のサラリーマンでした。
営業職の時には、

「今月の目標は未達かもしれない。早めに言うべきだろうか?それともうまく誤魔化すべきだろうか?」
と良からぬ事を考えていました。
経営企画室の時に社長に直言する時には、
「怒られたらどうしよう。首になるかもしれない。飛ばされるかもしれない。」
と夜も眠れませんでした。
また、経営企画の仕事で経営計画の叩きを作成している時には
「他部門の協力、理解が得られなかったらどうしようか?社長の地位にまで影響を及ぼすかもしれない。」
と不安にさいなまれました。
が、現在では不安を克服する方法を身に着けました。
不安要素を分解する事で怖さの正体を明らかにする事です。
未知、未体験には不安はつきものです。
既知、体験済みの事柄と未知、未体験の事柄に分けると怖さの正体が見えてきます。
コロナウイルスの正体も早く解明して欲しいですね。

「さあ、はじめよう」