20200302 「視点を変える」

20200302 「視点を変える」

 

おはようございます。
行動への最初の一歩を後押しする“人と組織のプロフェッショナル”内海透です。
当ブログ「さあ、始めよう」のコンセプトについては
https://hcj.bz/toru-utsumi-start-now-concept/ をご参照ください。

それでは、本題です。

物事にはいくつかの見方があります。
いつもの物の見方、捉え方だとすぐに行き詰ります。
2月22日の「お薦めの逆」の記事ではいつもと行動パターンを変える話をしました。
本日は行動の原点となる視点についてお話しします。
私は例えとして「鳥の目、虫の目、魚の目」について取り上げます。
鳥の目とは俯瞰する視点です。物事全体、社会全体を客観的に俯瞰する事で全体像を捉える事が出来ます。
宇宙の中の地球の中の日本の中の地域の中の自社。自社の中のそれぞれの役割を俯瞰視点で客観化します。

虫の目とは一つの事柄を分析する視点です。
細かく分解する事で一つの仕事の最適化を図る事が出来ます。
営業職であれば一挙手一投足まで分解する。専門職であれば一つ一つの仕事の中身を分解する。

魚の目とは、一連の流れを追う視点です。
仕事は流れの中で完了します。
前工程、主工程、後工程の流れの中で淀みを発見できます。
部門間や上下間の報連相や仕事の責任まで。

自分の目ばかりだと主観中心になりがちです。
視点を変えてすぐに結果が出るわけではありません。
10年後に効き目が表れます。
難しい事を始める必要はありません。
今日は
鳥の目で俯瞰してみよう。
虫の目で細部を分析しよう。
魚の目で全体の流れを捉えよう。
出来る事は多くあります。

「さあ、はじめよう」