20200512 「時間単価2万円」

「時間単価2万円」

おはようございます。
行動への最初の一歩を後押しする“人と組織のプロフェッショナル”内海透です。
当ブログ「さあ、始めよう」のコンセプトについては
https://hcj.bz/toru-utsumi-start-now-concept/ をご参照ください。
それでは、本題です。
あなたは、自分の時間単価をご存知でしょうか?
時間単価に含まれるのは自分の給料単価だけではありません。
工場や店舗、車両などの設備費用、宣伝広告、法定福利などの販売に関する費用など多くの費用が含まれています。
(厳密には工場勤務は労務費で計上されるのですが分かりやすくするため略します。)
一般的に時給単価は3,000~6,000円程度になります。
私たちコンサルタントは設備不要なので報酬と直結します。
セミナーに講師として招聘されると時間単価2万円となります。
ただし、その準備に費やす時間も込みになります。
初めて商工会議所セミナーに呼ばれた時に 2時間のセミナー作成に90日×10時間/日以上を投入しました。トータルの時給は22円でした。
しかし、その後同様のセミナーで顧客になったお客様数×単価と考えると時間単価1万円以上となりました。セミナー作成費用がかからないため1セミナー当たりの時間単価は2万円程度となったからです。
会社員であれば自分の時間単価の制約を破る事はなかなか難しいです。
しかし、自分のこれまでの経験を体系化して伝えられるようになると時間単価2万円も可能です。
ポイントは「自分のこれまでの経験」です。
「さあ、はじめよう」