相手に応じた伝え方(戦国武将分類)|はじめての組織図

戦国武将になぞらえて行動パターンを分類する方法です。日本では血液型分類が好まれます。

一般的には、A型は神経質、O型は大雑把、B型は自己中心、AB型はマイペースのように分類しています。

血液型の分類方法は科学的根拠が無いため、実際の仕事の場面では使えません。私の血液型はA型ですが、仕事のある部分では非常に細かいのですがプライベートは大雑把で自己中心的です。いつも違和感を感じていました。

 

ソーシャルスタイル分類

1968年アメリカの社会学者デビッド・メリルとロジャー・リードが、対象者の言動の表れ方で人間の社会的特性を分類しました。以後、人間関係を科学的に捉えるツールとして多くの企業や組織で活用されているのがこのソーシャルスタイルによる分類方法をご紹介します。

人間は4つのソーシャルスタイルに分けられます。元々はアメリカ海軍が潜水艦の乗組員同士の円滑なコミュニケーションを図るため考案されたモデルです。似たタイプは人間関係のトラブルが少なく、敵対するタイプはトラブルの発生確率が高いと言われています。

何カ月も同じ艦内で生活を共にする乗組員同士のタイプをバランス良く配置することで帰還率が高まったとも言われています。

この分類方法では、自己主張が強いかそうでないか。の思考開放度の軸と感情表現が豊かかそうでないか。の感情開放度の軸の2軸で4つのパターンに分類します。

 

織田信長タイプの特徴

  • 感情は出さないが、メリハリがあり力強い話し方をする
  • しっかり目を合わせて話す
  • 短めの文章で、結論からはっきりと断定的に話す
  • 決断が速い
  • 大筋をつかんだら、より短時間に結果を出そうとどんどん進めていく
  • 人間関係より、仕事、課題を重視する

明智光秀タイプの特徴

  • 感情を出さないで、穏やかな声で淡々と話す
  • 論理的で、順序立てた話し方をする
  • 冷静でビジネスライクな印象
  • 慎重で細かなことも見落とさない
  • 人間関係より、仕事、課題を重視する

豊臣秀吉タイプの特徴

  • 言葉・声・態度などすべてを使い、豊かに主張し、感情を表現する
  • しっかりと視線をとらえ、感情を込めてアップテンポで話す
  • まわりを巻き込みその気にさせ、楽しませる話し方
  • 直感的に決断するので、即決即断
  • まずは強い人間関係を築くことにエネルギーをかける

徳川家康タイプの特徴

  • 声にも態度にも、穏やかに感情をにじませる
  • 皆に目配りをしながら、同意を得るように、ゆっくり話す
  • 問い掛けるように、相談を持ちかけるように話す
  • 皆を励まし、サポートすることが得意
  • 仕事、課題に取りかかる前に、まずは、人間関係を築く

下記でご自身のタイプを自己診断しましょう。

Q1.あなたは以下の軸でみるとA,Bのどちらに近いですか?

A                  B

話し好き・・・・・・・・・・・物静か

速いペース・・・・ゆっくりしたペース

主導権を取る・・・・まわりに合わせる

相手の目を見る・・・相手から目を外す

支配する・・・・・・・・・・・・従う

断言する・・・・・・・・・問いかける

競争的・・・・・・・・・・・・協力的

外交的・・・・・・・・・・・・内向的

自己主張する・・・・・自己主張しない

合計

あてはまるものに〇をつけA、Bの合計欄に数を記入してください。

 

Q2あなたは以下の軸でみると1,2のどちらに近いですか?

1                   2

冷静・・・・・・・・・・・興奮しやすい

ゆっくり・・・・・・・・・・・・・活発

仕事優先・・・・・・・・・・・友人優先

クールな表情・・・・・・・・温かい表情

気持ちを抑える・・・・・・気持ちを表す

落ち着きがある・・・・・・・・にぎやか

事実を重んじる・・・・・意見を重んじる

感情に左右されない・・感情に動かされる

声のトーンが一定・・・抑揚のある話し方

合計

 

あてはまるものに〇をつけ1、2の合計欄に数を記入してください。

その上で前掲の図にあてはめてご自身のスタイルを診断してください。

AとBの数でAが多ければ思考開放度が高いと言えます。
1と2の数で1が多ければ感情開放度が低いと言えます。

この場合は、信長タイプと分類出来ます。
あなたはどのタイプでしたか?

上述の各タイプの特徴を考えて伝え方を変化させてみてください。

私は、会社員時代に自分と違う3タイプの部下を育成しました。
「普通はこうだろう」「自分ならこうする」が全く通じませんでした。
上記の各タイプに当てはめて伝え方を変えると伝わり方が驚く程変化しました。

左側の人との会話では結論を重視すると効果的に伝わります。
論理的に思考する人が多いため、なかなか結論に辿り着かない会話が苦手です。
一方、右側の人との会話では共感を重視する事が効果的です。

感情豊かな人が多いため、「いきなり結論」を投げかけるのではなく、周囲の人がどう思っているのか。人を話題にする事がコミュニケーションを良好にするカギとなります。

ただし、役割が人を変えたり育てたりします。
元々は左上の信長タイプではない人が、「社長に就任する事」で短く力強い言葉を使うようになる。結果へ執着するようになる。などの例は良く見られます。

【自分ごとにするポイント】

同じタイプは「馬が合う」ので理解が早く、対角線の相手が自分がもっとも苦手な相手となります。上記のセルフチェックを行い社内で共有します。本音で話し合える場を作れたら「自分のどこが苦手だった?」とか「何が分かりにくかった?」などとタイプを越えたコミュニケーションが出来るようになります。