仕事の棚卸|はじめての組織図

職務記述書・マニュアル・評価基準の3点セット。

この3点セットを作成する際に、全体から部分へ落とし込むのはなかなか難しいものです。

そこで、部分から全体へと組み立てるために仕事の棚卸の実施をお勧めします。

全体から部分と部分から全体を繰り返す事で職務記述書とマニュアルは作成しやすくなります。

まず、仕事の棚卸を実施します。

仕事の棚卸手順

1.仕事の棚卸シートにルーティン(毎日、毎週、毎月行っている)業務を記入します。

2.思いつく限りの業務を記入する。

3.右欄に「誰の仕事」かの振り分けを行う。

・道具:仕事の棚卸シート

・コツ:1回の仕事の棚卸で全ての業務を洗い出すのは難しいものです。月1回程度定期的な日程を決めて何度も繰り返す。