職務記述書・マニュアル・評価基準の三点セットで仕事を明確にする

「人に仕事がつくのではなく仕事に人がつくようにしたい。」との相談を良く受けます。

そのために何をしているのですか?

と尋ねても、「何度も言ってるんですけどね~」と答えにならない答えが返ってきます。

職務記述書で何をするのかを明確化。

マニュアルでどうやるのかを明確化。

評価基準で評価する。

スッキリですね。

「それが出来れば苦労しないよ。だからコンサルタントは机上の空論ばかりで困るんだよ。」

ええ、そうです。

皆さんが出来れば私の出る幕はありません。

分かっちゃいるけどなかなか出来ないから私たちがお手伝いしてるんです。

余談になりますが、コンサルタントには2通りあります。

魚釣りに例えると、魚を釣ってあげる仕事をする人=代書屋さんや代行屋さんです。

補助金や助成金などの書類(経営計画までも)を代わりに書く仕事。

税金の申告を代わりにやってくれる税理士さんや営業代行などの仕事。

私は、魚の釣り方を教える仕事をしています。