コンサルティング理論開発の背景

当社代表の内海が最初に就職した会社で部下育成に失敗しました。
メニエール病になり、「上司が悪い。部下が悪い。会社が悪い。」
他責で逃げるように退職しました。

その後、100年企業の近江兄弟社に入社しました。
心理学やコーチングなどのコミュニケーションの外部研修を多数受けました。
営業課長時代に、部下育成の実績が認められました。
当時の上司である営業部長が社長就任となった時に社長室に異動して社長を支えました。
全社員の人材育成を実施しました。
また、社長室~経営企画室時代には
「経営とは何ぞや?」を理論だけではなく現場実践で習得しました。

課長職でありながら経営会議の進行や経営企画発表会などの進行を任せていただきました。
それまでの自身の失敗と成功の経験を活かすべく2006年に独立しました。

独立後は、

外資系コンサルティング会社プラウドフットOBと事業再生コンサルティング会社を共同経営。
外資系コンサルティング会社の理論を自身の中小企業での現場経験と統合したものが
当社のコンサルティングの原点となっています。

【小冊子】中小企業経営者のための経営力強化方法(ダイジェスト版)
【小冊子】目標達成営業部の作り方
【小冊子】営業部長の仕事と役割

として纏めております。

なお、経営幹部の教育には、
当社代表内海が監修している

フレームワークで学ぶ社長のための経営力強化書も参照ください。

 

【当社コンサルティングサービスで実現できるもの】
組織に存在する潜在的な問題の解決

経営者が描いている
「想い(あるべき姿)」
現場で日常的に繰り広げられている「現実」 との間には
必ずネガティブ・ギャップが存在します。

  • そのギャップの大きさは業績を改善する力と反比例します。
  • ギャップが長期化するほど、社員には「現状を漫然と肯定する意識」がより強く 根付きます。
  • その結果、社員の持つ潜在能力休眠し、変化を起こす力が駆逐される。
    現状は是の認識が定着します。

これらの状況を打破するために、
経営陣・管理職を中心とするマネジメント変革を軸に、
メンタル面・業務運営の仕組みの面でサポートします。
行動変化をインストール(導入・定着化)することにより、
組織の潜在能力を最大限に引き出し、継続的な収益改善へと繋げます。
絵に描いた餅、机上の空論ではなく現場実践が当社のコンサルティングの最大の特徴です。

経営コンサルティング コンテンツ