当社が得意とするコンサルティング領域について

⒈ 規模:社員数30~300名程度の中規模組織

どのコンサルティング会社も苦手としている領域です。

30名未満の小企業は社長次第で業績が変化します。

乱暴な言い方ですが、

マーケティングや資金繰りのノウハウを徹底する事で「どうにかなります」
300人以上の大企業は優秀な人材に対して機能と仕組で「どうにかなります」

中規模組織は手間がかかります。

現場に入り込み一人一人の潜在力を顕在化する必要があるからです。

大企業のような人材が揃っていません。
同じ言葉で全員が動いてはくれません。
小企業の様に社長の命令だけで全員を動かせません。

当社代表の内海は会社員時代に自ら組織変革をリードし、その後のコンサルティングでも同様の規模の組織変革ばかり実施してきました。

中規模企業向け専門のコンサルタントです。

組織作りでお困りの方は、組織作りプログラムをご参照ください。

2.部門:経験値が高いのは営業部門です。

しかし、独立後10年の間に製造、技術、開発、設計、販売なども手がけました。
中規模企業では、どの部門もバランスよく俯瞰できる事が重要です。
営業部門が得意だからと言って、営業部門だけを見れば良いわけではありません。
社員と一緒に工場のラインにも入りました。物流部門で汗をかきました。
現場に認められないと、誰もコンサルタントの言う事なんて聞いてくれません。

3.業種大企業と小企業では業種の専門性が問われます。

大企業では業界の知識と業務の専門性が必要です。
小企業では業界経験のコンサルタントの人脈や知識が必要です。
大手と取引したい小規模企業は大企業経験者のコンサルタントと繋がりたい理由です。

私は、製造業、畜産業、卸売業、IT、建設、サービス、福祉などあらゆる業種に入り込んできました。

その結果、中規模企業では既に自社にある知識や人脈をどのように活用するかを自ら考え行動出来るようにする事こそが重要だと認識しています。=業種不問です。

最近は、福祉事業からのお問い合わせが増えてきています。
福祉事業のための経営講座

4.内容:問題と進捗状況の見える化によるマネジメントの定着化

組織の目標達成の仕組みを定着化させることが表面の課題解決。
裏目的が大変な事が人と人との人間関係。良好なコミュニケーションの実現です。
ケアマネジメント(個別支援)領域まで踏み込むのが特徴です。
(中規模企業の場合は、踏み込まざるを得ません。)

5.独自性社長の言葉と社員の言葉の通訳

社長の言葉が現場にまっすぐに伝わらない。

理由1.社長の頭の中が整理されていないため曖昧な言語化

  聞く達人の内海が徹底的にお聞きします。
 全てを吐き出して思考を整理します。

理由⒉ 社長と社員の価値観、問題意識の違い

 内海が社員の立場、社員の言語で伝えます。

理由3.現場社員のコミュニケーション力不足

 知識で補える部分は研修で。
 内海が聞く達人として汲み取り、伝えるべき人に伝えます。

上記のような特徴があるため、10年以上選ばれ続けています。

経営コンサルティング コンテンツ