はじめての組織図

コラム:24時間365日の上司経験

私が部下育成が出来るようになったと実感したのは33歳の時でした。 当時の私は新入社員の教育係として同時に3人の部下を引き受けました。 その3人が全くタイプが違っていました。 私は秀吉タイプで、入社した3人は信長タイプ、光 […]

続きを読む

仕事の棚卸|はじめての組織図

職務記述書・マニュアル・評価基準の3点セット。 この3点セットを作成する際に、全体から部分へ落とし込むのはなかなか難しいものです。 そこで、部分から全体へと組み立てるために仕事の棚卸の実施をお勧めします。 全体から部分と […]

続きを読む

評価基準|はじめての組織図

1.基準に合致した人材を採用する 前節で取り上げた「したい事、出来る事、すべき事」を採用条件として提示します。面接時に確認します。何が出来れば基準を満たすのかを明確にしておきます。 2.今いる人材を基準に達するまで教育す […]

続きを読む

職務記述書で職務を明確化|はじめての組織図

私は中小企業でしか働いたことがありません。職務記述書は外資系企業では当たり前とされているものですが現物を見た事がありませんでした。長谷川先生に現物を見せてもらいました。見た瞬間に、なぜ、日本の企業では使わないのか不思議で […]

続きを読む

【コラム】管理しない道を作る|はじめての組織図

「どうすれば管理職になれるか?」に真剣に取り組んでも出来ない人がいます。 本人の適正と本人の志向です。 専門職としての道を歩ませた事例を紹介します。 創業10年、企業規模30名のサービス業です。その新任課長はいつも忙しそ […]

続きを読む

管理会計|はじめての組織図

各事業所や事業部ごとに収入と支出を管理する仕組みです。 管理職が収入と支出の責任者になります。 具体的な方法については「アメーバ経営」関連の書籍を読むと分かりやすいでしょう。 製造業などでは、 仕入→加工→販売→流通 な […]

続きを読む