4月15日 人と組織の悩み“あるある” 企画力のある管理職がいない

4月15日 人と組織の悩み“あるある” 企画力のある管理職がいない

 

中小企業あるあるですね。

ある程度の規模になると、手を動かす人ではなく知恵を出せる人が欲しくなります。

これまでずっと手を動かす人を採用し、評価してきたのでいないのが現実です。

嘆いていても仕方が無いので育てるしかありません。

採用したくても受け入れる土台が無ければ使いこなせません。

そもそも、企画力のある優秀な人材が来てくれる事は高望みです。

また、企画はセンスによるところが大きいのが現実です。

が、始める前から諦める事はありません。

センスに頼る部分以外は養成できます。

論理思考力を磨く事です。

営業力は1対1で相手の要望を聞き出し提案する力です。

企画力は1対多で推定した相手の要望に対して提案する力とも言えます。

相手が一人ではなく多数になった時に必要な事が、

漏れなくダブりなく伝える論理思考力です。

○○法にはテンプレート(雛形)があります。

論理思考力を高める方法の雛形に則って進めます。

<背景・経緯>

なぜ、この企画を考えたのか?

について徹底的に考えさせます。

この部分を徹底的に揉まないと独りよがりになります。

<課題>

「なぜ」やるのか?

が明確になると課題も合わせて浮き彫りになります。

<経済性>

費用対効果を数字で算出する事でぼんやりとしていた企画が具体的になります。

アイデアを練り上げて企画にするための上記雛形を使ったトレーニングを繰り返します。

なぜ?

を繰り返す事で企画力の無い人が企画できるようになります。

が、1つだけ注意して欲しい事があります。

「なぜ」を繰り返されると「企画」ではなく「自分」が否定されるような気がしてきます。

あくまでも「なぜ」は企画に向けている事を双方で確認し合う事が重要です。

 

中小企業あるあるですね。

ある程度の規模になると、手を動かす人ではなく知恵を出せる人が欲しくなります。

これまでずっと手を動かす人を採用し、評価してきたのでいないのが現実です。

嘆いていても仕方が無いので育てるしかありません。

採用したくても受け入れる土台が無ければ使いこなせません。

そもそも、企画力のある優秀な人材が来てくれる事は高望みです。

また、企画はセンスによるところが大きいのが現実です。

が、始める前から諦める事はありません。

センスに頼る部分以外は養成できます。

論理思考力を磨く事です。

営業力は1対1で相手の要望を聞き出し提案する力です。

企画力は1対多で推定した相手の要望に対して提案する力とも言えます。

相手が一人ではなく多数になった時に必要な事が、

漏れなくダブりなく伝える論理思考力です。

○○法にはテンプレート(雛形)があります。

論理思考力を高める方法の雛形に則って進めます。

<背景・経緯>

なぜ、この企画を考えたのか?

について徹底的に考えさせます。

この部分を徹底的に揉まないと独りよがりになります。

<課題>

「なぜ」やるのか?

が明確になると課題も合わせて浮き彫りになります。

<経済性>

費用対効果を数字で算出する事でぼんやりとしていた企画が具体的になります。

アイデアを練り上げて企画にするための上記雛形を使ったトレーニングを繰り返します。

なぜ?

を繰り返す事で企画力の無い人が企画できるようになります。

が、1つだけ注意して欲しい事があります。

「なぜ」を繰り返されると「企画」ではなく「自分」が否定されるような気がしてきます。

あくまでも「なぜ」は企画に向けている事を双方で確認し合う事が重要です。