はじめての組織図               第2章1節. 経営と現場

当ブログは社員数30人から社員数100人程度の中規模、中企業を対象としています。人と組織の潜在力を顕在化する組織作りのプロである内海透が執筆しています。組織作り、組織再構築のコツを記しています。1~3分程度でサクッと読める内容です。

第2章1節. 経営と現場

組織全体としてPDCAサイクルを回します。
経営が目標を設定する。
経営と管理職で計画を練り上げる。
現場が実行する。
経営と管理職で結果を検証する。
現場が改善する
大きなPDCAサイクルを回すために組織は経営と現場に分かれます。

 

 

組織が機能しないのは、PDCAを同じ人(社長だけ)が回しているからです。
30人を超える規模になってきたら、社長は決定と検証が仕事になります。社長が忙しく働き過ぎているのは実行の現場が好きだからです。社長は現場を離れなさいとは良く言われる事です。しかし、本当に現場を離れるとはどういう事なのかイメージが付きづらいです。私たちは社長に社長の出番を部門長(管理職)会議までと決定して現場には口出ししないよう依頼しています。全く会話するなとは言いません。挨拶や世間話までのレベルの会話です。褒める時にはこの限りではありません。進んでどんどん褒めてください。

 

「はじめての組織図」小冊子プレゼント
当ブログで好評の「はじめての組織図」を小冊子にまとめました。
【無料】でプレゼントしております。
ご希望の方は下記ページよりお申し込みください。
http://bit.ly/2F2lHsD
※読者の皆様から多くのご感想を頂いています。
(一部抜粋してご紹介いたします。)
・会社を息子に引き継がせようと思っています。
そのための参考にしたいと思います。
・組織内の課題抽出、解決法を学ぶ上でそもそも
組織の在り方自体の参考にさせて頂こうと考えております。
・大変わかりやすいものでした。
10年目の今だからもう1度必要と感じています。
・「はじめての組織図の作り方」の記事を拝見し、
自社(30人規模)の実情と照らし合わせ興味を持ちました。
組織図の作り方、参考にさせていただきます。