はじめての組織図               第2章:組織図は組織作りの設計図

当ブログは社員数30人から社員数100人程度の中規模、中企業を対象としています。人と組織の潜在力を顕在化する組織作りのプロである内海透が執筆しています。組織作り、組織再構築のコツを記しています。1~3分程度でサクッと読める内容です。

第2章:組織図は会社作りの設計図

組織作りの基本的な考え方について解説します。
なかなか組織化出来ないのは設計図を描かずにいきなり組織を作ろうとするからです。一方で現状からの積み上げ思考ではいつまでたっても組織は出来ません。それは、一つのことが「出来るようになったら」次のステップへと進めようとするからです。「良い人が来てくれたら…」「○○が出来るようになったら。」と「たられば」を期待するだけでは組織は出来ません。「本来のあるべき姿と現状の差」を見える化し、その差異を埋めるための方法手段を打つPDCAサイクルで組織を作っていきます。あるべき姿を描いてから優先順位を決めて空白部分を描いていく。そのためにも設計図としての組織図が重要です。

組織を作ろう!しっかりさせよう!と考える時期は社長一人では全体を見渡せない規模になった時です。起業時から一緒にやってきた仲間と新しく入ってきた社員とで同じことを言っても動きが違うようになります。自分が現場から立ち上げたのに現場の質が下がっている。見過ごせないので口を出す。しかし、新しい社員は動かない。現場に直接指示を出し過ぎると現場への干渉、パワハラと言われてしまいます。経営と現場を分離する必要があります。そのために組織作りが必要となります。

とは言え実際に私どもの所へ相談に来られる方は「何かあってから」の方が圧倒的に多いです。「組織作りがうまく行かずどうにかしてほしい。」「このままだと組織が崩壊してしまう。」と急を要する状況の方が圧倒的に多いです。仕方ありません。誰も組織の作り方を教えてくれる人はいませんので。
※「やばい」状況の方はお気軽にご連絡ください。

 

「はじめての組織図」小冊子プレゼント
当ブログで好評の「はじめての組織図」を小冊子にまとめました。
【無料】でプレゼントしております。
ご希望の方は下記ページよりお申し込みください。
http://bit.ly/2F2lHsD
※読者の皆様から多くのご感想を頂いています。
(一部抜粋してご紹介いたします。)
・会社を息子に引き継がせようと思っています。
そのための参考にしたいと思います。
・組織内の課題抽出、解決法を学ぶ上でそもそも
組織の在り方自体の参考にさせて頂こうと考えております。
・大変わかりやすいものでした。
10年目の今だからもう1度必要と感じています。
・「はじめての組織図の作り方」の記事を拝見し、
自社(30人規模)の実情と照らし合わせ興味を持ちました。
組織図の作り方、参考にさせていただきます。