組織作り(部下育成)のコツ 自己を客観的に見つめさせる

当ブログは社員数30人から社員数100人程度の中規模、中企業を対象としています。人と組織の潜在力を顕在化する組織作りのプロである内海透が執筆しています。組織作り、組織再構築のコツを記しています。1~3分程度でサクッと読める内容です。

自己を客観的に見つめさせる

 組織作りの要は管理職層の育成にあります。管理職に必要な視点が主観ではなく客観です。

自分がこう思うと自己主張だけを叫んでも組織は動きません。組織の中で自分はどう見られているのだろうか?上司からは?部下からは?さらにはお客さんからは?と複数の視点で自分が見られている状況を想像させます。

簡単にできる方法をご紹介します。部下である管理職と正対します。「これからあなたには部下の視点や上司の視点やお客様の視点を持ってもらいたい。そこで、客観的に自分を見られるようになるためのイメージトレーニングを行います。」と目的を伝えます。不審がられるかもしれませんが、「本見てやってみようと思ったんだ。」と伝えてやってみましょう。(部下は社長もいろんなことを勉強しようとしているといつの日にか理解してくれると信じで(笑))

部下に対して「あなたをこの部屋の天井から眺めてみましょう。」と伝えます。そのうえで「これからは、あなたの事を彼、若しくは彼女の三人称で私に説明してください。」と伝えます。「○○さんは今何をしていますか?」と尋ねます。部下は「(自分の事を)彼(彼女)は社長と対面して社長の実習(変な心理操作)の相手をしています。」と答えるでしょう。あなたは、部下に「彼(彼女)はどんな気持ちなんでしょうか?」と尋ねます。「なんか変な事をやらされてるな~。と感じていると思います。」あるいは、「ワクワクと楽しんでいると思います。」などと答えるでしょう。自分を客観的に彼(彼女)と置き換えるイメージトレーニングです。

自分を部下や上司と置き換えてイメージを膨らませる事で自己客観化が出来るようになります。

 

【無料】プレゼント
当ブログで好評の「組織図の作り方」を小冊子にまとめました。
ご希望の方は下記ページよりお申し込みください
http://bit.ly/2F2lHsD