組織改革のコツ 怖いからこそ飛び込む

当ブログは社員数30人から社員数100人程度の中規模、中企業を対象としています。人と組織の潜在力を顕在化する組織作りのプロである内海透が執筆しています。組織作り、組織再構築のコツを記しています。1~3分程度でサクッと読める内容です。

怖いからこそ飛び込む

会社が変わるとは自分を変える事に他なりません。自分を変えるのは非常に怖い事です。今までと同じやり方ではダメだ。と分かっていても恐怖心が先に立つと腰が引けてしまいます。スキーなどのスポーツに通じるところです。スキーで急斜面に怯えて腰が引けると後継姿勢となり制御不能になります。怖いからこそ前傾姿勢を取る事でスキーを制御することが可能となります。

新しい事に取り組む事も同様です。難題が降りかかってほしくないと怯えていると次から次へと難題が降りかかります。新しい事を始めるのだから難題は降りかかるものだと決めて飛び込んでいくと難題だと思っていたことも簡単に解決できます。感覚的な話ですが、新しく怖い事に対しても制御可能な領域を広げる事が出来るようになります。精神論で伝えても恐怖は克服出来ません。そこで、過去の成功体験を思い出させるようにします。「○○の時、どうだった?」と過去に怖い事に飛び込んで経験を語ってもらいます。そのうえで今がその時だよ。と伝えて本人の意思を固めさせます。小さな成功体験を積ませる事で更なる自信を持てるようになるのです。

 

【無料】プレゼント
当ブログで好評の「組織図の作り方」を小冊子にまとめました。
ご希望の方は下記ページよりお申し込みください
http://bit.ly/2F2lHsD