自分ごと組織づくり5つのポイント       ポイント4:目標を自分ごとにする【ケース10】

当ブログは社員数30人から社員数100人程度の中規模、中企業を対象としています。
人と組織の潜在力を顕在化する組織作りのプロである内海透が執筆しています。
組織作り、組織改革、組織再構築で他人ごと組織を自分ごと組織にするポイントを記しています。

ポイント4:目標を自分ごとにする

【ケース10】今月の目標を言えない営業マン
あなたの部下は今月の売上目標を言えますか?
私はお客様の会社を最初に訪問する時に必ず行う事があります。
それは、朝礼など全員が集まる場所で
「あなたの今月の(売上)目標は何(いくら)ですか?」と一人一人の社員に質問す
る事です。
どの会社でも答えられずに困った顔で固まってしまう社員がいます。
朝礼終了後に上記の質問に答えられなかった社員に話を聴くと、
「目標と言っても上司から押し付けられた数字だし覚えていませんよ。」
「パソコンの中に入っているので咄嗟に答えられませんでした。」と答えます。
私は、彼らが目標の詳細な金額を暗記していないことを問題にしているのではありま
せん。問題なのは、彼らが「目標を達成する事が自分の仕事」だと認識していない場
合です。
・上司に押し付けられた
・達成してもしなくても変わらない
・行ったらラッキー
など、目標を達成する事が自分の仕事ではないような社員に対しては厳しい態度で臨み
ます。社員にとっては給料ですが、会社にとっては費用です。費用対効果に見合わな
い人材は不要です。私たちは彼らに不要な人材になってもらいたくないので厳しい態
度を取らざるを得ないのです。
人も組織も問題解決を通して成長します。その目標を自分の事として捉えていない人
が問題解決など出来るわけがありません。だから、私たちは社員一人一人に確認して
います。

 

【自分ごとにするポイント】
どうすれば今月の目標を忘れられないか?
が、自分ごとにするための第一歩です。
具体的にはクリアファイルを使って進捗状況を見える化する事などが取り組みやすいでしょう。

150419_141345

黄色や赤の色は目に飛び込んで来ます。色分けした進捗確認表で社員に見える化しますす。A4の用紙に今月の目標と実績を記入します。その紙をクリアファイルに挟み込みます。毎日の目標を朝出社時に記入します。退社時に本日の実績をクリアファイル上から記入します。目標を達成したら青、達成できなければ赤で記入する事で簡単に進捗状況が見える化されます。
コツとして誰でも目に付く見える場所で見える形で実施する事が大事です。「パソコン
を開かなくては見えない。」や、印刷したものを貼り付けるのでは継続しなくなります。
誰にも見える場所で誰でも簡単に更新できる方法で実行する事がコツです。

食器棚で進捗状況を見える化している新聞販売店
川崎市にある新聞販売店では、食器棚の脇に物品販売の目標と実績を対比しています。昨今の少子高齢化や紙離れ、活字離れの影響もあり新聞購読者を増加させるには厳しい社会環境が続いています。その会社では新たな売上の確保のために物販に力を入れています。しかし、新聞販売以外の販売の経験もノウハウもないため、「頑張ろう!」の掛け声だけではなかなか目標達成出来ませんでした。皆の見える台所の棚にクリアファイルを貼り更新する事で目標達成の仕組みとして機能しています。

 

 

当ブログ記事「自分ごと組織作り5つのポイント」を小冊子としてまとめました。
当ブログ読者の皆様へ【無料】でプレゼントしております。
ご希望の方は下記ページよりお申し込みください。

https://hcj.bz/jibungotososhikipresent/