自分ごと組織づくり5つのポイント         ポイント3:仕事を自分ごとにする

当ブログは社員数30人から社員数100人程度の中規模、中企業を対象としています。
人と組織の潜在力を顕在化する組織作りのプロである内海透が執筆しています。
組織作り、組織改革、組織再構築で他人ごと組織を自分ごと組織にするポイントを記しています。

ポイント3:仕事を自分ごとにする
モレなくダブりない合理的な組織を構築するためには働く一人一人の仕事を定義する必要があります。「人に仕事がつくのではなく仕事に人がつくようにしたい。」との相談を良く受けます。「では、そのために社長は何をしていますか?」と私たちは質問します。
「役職の人間がちゃんと考えるようにと何度も言ってるんですけどね~」と答えにな
らない答えが返ってきます。社長自身が誰に何をどのようにさせるのか明確に定義出来ていないからです。個人の仕事を明確にする事が出来なければいつまで経っても人に仕事がついたままです。

仕事を明確にするためには職務記述書とマニュアルと評価基準の三点セットを整備します。
・職務記述書で何をするのかを明確化します。
・マニュアルでどうやるのかを明確化します。
・評価基準で基準を明確にします。

 

【自分ごとにするポイント】
いきなり職務記述書の完成を目指すのは難しいです。ロジカルで俯瞰できる社長であれば職務記述書から始めて良いかと思います。が、最初は仕事の棚卸から始める事が手を付けやすいです。一度で完成しない事を約束して始めます。完璧を目指さない事が最も重要なポイントです。仕事の棚卸→マニュアル→職務記述書と作成します。作って終わりではなく改訂時期を決めておくことでマニュアルが活用されます。

 

当ブログ記事「自分ごと組織作り5つのポイント」を小冊子としてまとめました。
当ブログ読者の皆様へ【無料】でプレゼントしております。
ご希望の方は下記ページよりお申し込みください。

https://hcj.bz/jibungotososhikipresent/