組織改革のコツ 魂を入れる

当ブログは社員数30人から社員数100人程度の中規模、中企業を対象としています。人と組織の潜在力を顕在化する組織作りのプロである内海透が執筆しています。組織作り、組織再構築のコツを記しています。1~3分程度でサクッと読める内容です。

魂を入れる

枠組みや計画を作ってもやるのは現場です。
時々出来過ぎる経営者とお会いします。
「社員にとって良い計画や良い仕組みだったらやるだろう。」とおっしゃいます。
が、現場は押し付けられたとしか感じません。次から次へと上が勝手に押し付けてくる。と避けるようになります。
実際、それらの枠組みや考え方を拝見すると従業員の事を考えた素晴らしいものだったりします。
不公平な賃金の仕組みを変える。皆が定時で帰られるようになる。従業員のモチベーションアップを期待している報奨制度。全てが正しく機能すれば「良い会社」になるはずです。
が、枠組みや計画を実行してくれません。
理由は部下を巻き込めていないからです。
全面的に部下の意見を採り入れる必要はありません。
一部の社員で構わないので喧々諤々の議論をする場が必要なのです。
最終的に経営が思い描いたものと一致すれば良いですし修正が必要であれば修正すれば良いのです。
「現場の声をちゃんと聴いているよ」というプロセスを経る事が大事です。
リアルな言葉が反映されるとなお良いですね。
例えば、煩雑な管理システムではなく面倒くさい入力などのように現場で実際に使われている言葉です。
現場の〇さんが言った言葉だとなお良いです。
枠組みや計画は作ったもののなかなか実行されずに困っている経営者にお勧めのコツです。

 

 

当ブログで好評の「はじめての組織図の作り方」を小冊子にまとめました。
【無料】でプレゼントしております。
ご希望の方は下記ページよりお申し込みください。
http://bit.ly/2F2lHsD

 

※読者の皆様から多くのご感想を頂いています。
(一部抜粋してご紹介いたします。)

・会社を息子に引き継がせようと思っています。
そのための参考にしたいと思います。

・組織内の課題抽出、解決法を学ぶ上でそもそも
組織の在り方自体の参考にさせて頂こうと考えております。

・大変わかりやすいものでした。
10年目の今だからもう1度必要と感じています。

・「はじめての組織図の作り方」の記事を拝見し、
自社(30人規模)
の実情と照らし合わせ興味を持ちました。
組織図の作り方、参考にさせていただきます。