組織作りのコツ 対処療法で終わらせない

当ブログは社員数30人から社員数100人程度の中規模、中企業を対象としています。人と組織の潜在力を顕在化する組織作りのプロである内海透が執筆しています。組織作り、組織再構築のコツを記しています。1~3分程度でサクッと読める内容です。

 

対処療法で終わらせない(取りあえずを言わない)

虫に刺されたらかゆみ止め。咳が出たら咳止め。症状に対して手を打つのが対処療法です。
組織の中にも色々な症状が現れます。症状が現れる度に対処療法を繰り返しても根本治療は出来ません。

対処療法が得意な会社では、「取りあえず…」が社内の共通言語です。取りあえずでその場をすり抜けても同様の症状が次から次へと出てきます。お客様からのクレーム対応も「取りあえず謝りに行く。」事ばかりが優先します。そもそもの原因は何か?製造工程なのか?原材料なのか?配送なのか?
そもそもその商品は自社が作るべき商品なのか?
を遡って追及しないからです。
市場シェアも大きくなく、利益を出せていない商品なのに、
取りあえず継続して販売している事がそもそもの原因というケースは良くあります。

そもそもから始めると根本原因へとたどり着きます。
取りあえずを言いそうになった時には、「そもそも」でもう一度根本原因を探る方向へと切り替える。
社内の共通言語を「そもそも」へと置き換える事が対症療法で終わらせないコツです。
そもそも、自社は何のために存在しているのか?
の理念レベルまで遡って考えるとシンプルで効果的な打ち手が見えてきます。

 

当ブログで好評の「はじめての組織図の作り方」を小冊子にまとめました。
【無料】でプレゼントしております。
ご希望の方は下記ページよりお申し込みください。
http://bit.ly/2F2lHsD

 

※読者の皆様から多くのご感想を頂いています。
(一部抜粋してご紹介いたします。)

・会社を息子に引き継がせようと思っています。
そのための参考にしたいと思います。

・組織内の課題抽出、解決法を学ぶ上でそもそも
組織の在り方自体の参考にさせて頂こうと考えております。

・大変わかりやすいものでした。
10年目の今だからもう1度必要と感じています。

・「はじめての組織図の作り方」の記事を拝見し、
自社(30人規模)
の実情と照らし合わせ興味を持ちました。
組織図の作り方、参考にさせていただきます。