組織改革のコツ  率先垂範

当ブログは社員数30人から社員数100人程度の中規模、中企業を対象としています。人と組織の潜在力を顕在化する組織作りのプロである内海透が執筆しています。組織作り、組織再構築のコツを記しています。1~5分程度でサクッと読める内容です。

率先垂範

100の言葉より1つの行動=汗をかく
という名言があったかは疑問ですがトップが社内の社長室でふんぞり返っていては部下は動きません。
トップ自らが率先して行動する。
どこかのコンサルタントみたいに上から目線で
「やっとけ!」
じゃなくて
「俺もやるから一緒にやろうよ!」
が伝わらなくては部下は動きません。
このような話をすると部下と同じ行動をしてしまう社長がいます。
営業系の会社は社長が個人の営業力でこれまでの地盤を固めました。
部下に負けるはずがありません。
同じ事で競っても部下をへこませるだけです。
既存事業は部下に任せる。
自分は新事業や広報などで目標を設定して行動し結果を出す。
新事業の場合には
「何となく」「こっそり」始めるのではなく全社員の前でコミットメントを発表する。
自ら退路を断つ覚悟が部下には伝わります。
広報とは社内の暗黙知を言語化して発信する活動から始めます。
会社の歴史や業界環境、自社と他社との違い、自社の特徴、強みを言葉にすることは難しい事です。
が、週に1つネタを纏めるなどと発表して実現させていくと社内へのメッセージが強化されます。マスコミなどで取り上げられると社員の士気も高まります。
トップが汗をかいて動いている会社は部下も汗をかくのが当然の風土になります。
組織の風土が変わります。

意識ではなく行動を変える結果が組織改革となります。

 

 

当ブログで好評の「はじめての組織図の作り方」を小冊子にまとめました。
【無料】でプレゼントしております。
ご希望の方は下記ページよりお申し込みください。
http://bit.ly/2F2lHsD

 

※読者の皆様から多くのご感想を頂いています。
(一部抜粋してご紹介いたします。)

・会社を息子に引き継がせようと思っています。
そのための参考にしたいと思います。

・組織内の課題抽出、解決法を学ぶ上でそもそも
組織の在り方自体の参考にさせて頂こうと考えております。

・大変わかりやすいものでした。
10年目の今だからもう1度必要と感じています。

・「はじめての組織図の作り方」の記事を拝見し、
自社(30人規模)
の実情と照らし合わせ興味を持ちました。
組織図の作り方、参考にさせていただきます。