組織作り(人材育成)のコツ 部下に100回言って伝わらなかったら100通りの伝え方を考える。

当ブログは社員数30人から社員数100人程度の中規模、中企業を対象としています。人と組織の潜在力を顕在化する組織作りのプロである内海透が執筆しています。組織作り、組織再構築のコツを記しています。1~4分程度でサクッと読める内容です。

部下に100回言って伝わらなかったら100通りの伝え方を考える。

まずは、100回言ってみる。
その中で1つや2つは伝わる言い方があるものです。
脅したりすかしたり。
褒めたりけなしたり。
結論から単刀直入に言う。
婉曲に遠回しに言う。
論理的に言う。
感情に響くように言う。
何も言う前から「あいつには伝わらない」と決めつけない。
言い方や伝え方を変えても中身だけは絶対に変えない。
正しく伝えられるようになったら、それがあなたのコツになります。
どうやったらうまく伝わったのかを記録する。
応用範囲が広がります。
まずは、目の前の一人に徹底的に向き合うこと。
遠回りに見えて一番の近道です。
だけだとあまりにも厳しいので、私がいつも使っている方法をお伝えします。
相手がどのようなタイプなのかを見極めて伝え方を変えます。
私はソーシャルスタイル分類を使っています。
理論型か情緒型の軸と外交的か内向的の軸。
を基に4タイプに分類します。
これだと4回に1回くらいはあたるようになりますよ。

 

 

当ブログで好評の「はじめての組織図の作り方」を小冊子にまとめました。
【無料】でプレゼントしております。
ご希望の方は下記ページよりお申し込みください。
http://bit.ly/2F2lHsD

 

※読者の皆様から多くのご感想を頂いています。
(一部抜粋してご紹介いたします。)

・会社を息子に引き継がせようと思っています。
そのための参考にしたいと思います。

・組織内の課題抽出、解決法を学ぶ上でそもそも
組織の在り方自体の参考にさせて頂こうと考えております。

・大変わかりやすいものでした。
10年目の今だからもう1度必要と感じています。

・「はじめての組織図の作り方」の記事を拝見し、
自社(30人規模)
の実情と照らし合わせ興味を持ちました。
組織図の作り方、参考にさせていただきます。