20201014 「1つ上の視点」

おはようございます。

この視点を持てるようになる事で仕事観がガラリと変わります。

作業観を上司観へ、そして事業観へと変えられます。

私は就職して最初の仕事が営業でした。

営業職は目の前の見込み客をどうすれば攻略できるかが仕事です。

金額が大きくなっても作業です。

一つ上の視点になると「誰に任せるか」になります。

上司観ですね。

その上の視点になると「どのように作るか?」「どのように売るか?」で最大利益を得る方法を考えることになります。

その結果が事業観となります。

しかし、一つ上の視点へ到達するには現状を捨てなくてはなりません。

目の前のお客様との関係を部下に任せる。

営業の仕事を部下に任せる。

製造、若しくはサービスの仕事までをも引き受ける。

楽しい仕事を人に任せて未知の仕事を引き受けに行く。

現状を捨てるのです。

楽しい仕事は人に任せて辛いかもしれないけど新しい仕事を引き受けに行く。

ま、その繰り返しですね。

無理せず出来る小さな一歩を、

「さあ、はじめよう」