20201007 「取説」

おはようございます。

気が付けば自分の価値観を部下に押し付けてしまっている方も多いようです。

全体の概要を把握して一歩一歩着実にステップアップしたい人ととりあえずやってみる人がいます。

先日のある会社での出来事です。

営業所長は中途採用の部下に対して全体の概要を把握して一つ一つやらせたいと考えていました。

しかし、部下は営業活動とは関係ない見積もりソフトの使い方で困っていました。

商品知識や現場感覚を分からないのでなかなか上達できませんでした。

営業所長は後で困らないようにとの親心でした。

いきなり営業活動を行っても見積もりに時間がかかると大変だし二度手間になる事もあるからとの配慮からでした。

本人は「売上にならなくてもまずはお客さんを訪問したい。」との意向があるので事務所内に押し込められたと感じていました。

例えるならば、

営業所長は取扱説明書を正しく読ませたい。

部下は取扱説明書を読む前に一度現場に出てみたい。

の考え方の違いでした。

取扱説明書を読んだうえで仕事に取り組んだほうが良いのですが、やってみないと取扱説明書に書かれている事すら理解できない事もあります。

あ、私は取説を読まない派です。

その部下の気持ちは良くわかります。

あなたは取説を最初に読む派ですか?

とりあえずやってみる派ですか?

無理せず出来る小さな一歩を、

「さあ、はじめよう」