20201006 「マネジャー」

おはようございます。

最近、弟子の登場が多くなっていますね。

彼女は生粋のマネジャーです。

デザイナー、カメラマン、ライターなどを自分で採用してコンテンツを作成する仕事をしていました。

フリーランスを束ねる仕事はなかなかタフな仕事です。

が、高いコミュニケーション能力で期限までに納め結果を出す仕事を10年近くやっていました。

その能力を当社のコンサルティングで活かせると判断し現在弟子として同行しています。

なかなかタフな現場ですが実力を発揮してくれています。

最近はコンサルティングの仕事以外でも私のマネジャーまでやってくれています。

ホンダ創業者の本田宗一郎氏には藤沢武夫さんが付いていたんだよ。

あなたには藤沢武夫のようにマネジメントしてもらいたいなどと偉そうに講釈を垂れています。

が、実際、彼女には感謝しています。

一昨日の課題に直面するではマーケティングについてお伝えしました。

取り上げなかった私のもう一つの課題であるマネジャーについても名マネジャーが出現してくれました。

相互研鑽でお互いをマネジメント出来るようにしたいものです。

無理せず出来る小さな一歩を、

「さあ、はじめよう」