20201005 「一貫性の罠」

おはようございます。

いつも一貫性がなくふらふらしている人は悪く言われます。

「あの人は一貫性がない」とは大抵の場合悪口です。

しかし、一貫性とは他人から見た評価にすぎません。

一貫性を持つ必要もないのです。

しかし、あの人は面倒見が良いと言われ続けると

「もういい、やめた」と途中で投げ出すわけにはいかなくなります。

(自分で自分の一貫性を保とうとするからです。)

あの人は頑固だと言われ続けると

「なるほど、あの人の意見に耳を傾けよう。」と柔軟に対応することが難しくなります。

他人からの評価を自分の性質と勘違いしてしまうのです。

その結果、

「○○でなくてはならない。」と自分で一貫性を保つようになるのです。

そんな罠にはまっちゃうと大変です。

私は外部からは「自由、好き勝手」な視点で見られているかもしれません。

「固い、真面目」な人だと思われているかもしれません。

そこには一貫性はありません。

自分らしさを貫くことだけが私が大切にしている一貫性です。

無理せず出来る小さな一歩を、

「さあ、はじめよう」