20201001 「繊細さと几帳面さ」

おはようございます。

私は繊細さを他人に対する共感力の高さ、几帳面さは自分に対する完璧さととらえています。

繊細だと人の気持ちが痛いようにわかります。

人に対して喜ぶこと、楽しいことを提供しようとします。

一方で几帳面な人は他人に対する配慮に欠ける事があります。

どちらも細かいのですが、対象が違うため行動が違います。

どちらのタイプか見極めて対応したいものですね。

繊細な人には感情に響く乱暴な言葉をかけない。

几帳面な人には理屈で論破しない。

などの配慮が必要です。

さあ、はじめようからは外れますが、そんな事があったので。

無理せず出来る小さな一歩を、

「さあ、はじめよう」