組織図作り方考え方中小企業 3ステップ完成 16.仕事の棚卸

第3章5節.仕事の棚卸

上記3点セットを作成する際に全体から部分へ落とし込むのはなかなか難しいものです。
そこで、部分から全体へと組み立てるために仕事の棚卸の実施をお勧めします。
全体から部分と部分から全体を繰り返す事で職務記述書とマニュアルは作成しやすくなります。

下記、仕事の棚卸を実施します。

手順

1.仕事の棚卸シートにルーティン(毎日、毎週、毎月行っている)業務を記入します。

2.思いつく限りの業務を記入する。

3.右欄に「誰の仕事」かの振り分けを行う。

・道具:仕事の棚卸シート

・コツ:1回の仕事の棚卸で全ての業務を洗い出すのは難しいものです。月1回程度定期的な日程を決めて何度も繰り返す。

 

 

**********************************************************************

当ブログで好評の「組織図の作り方」を小冊子にまとめました。
【無料】でプレゼントしております。
ご希望の方は下記ページよりお申し込みください。
http://bit.ly/2F2lHsD

※読者の皆様から多くのご感想を頂いています。
(一部抜粋してご紹介いたします。)

・会社を息子に引き継がせようと思っています。
そのための参考にしたいと思います。

・組織内の課題抽出、解決法を学ぶ上でそもそも
組織の在り方自体の参考にさせて頂こうと考えております。

・大変わかりやすいものでした。
10年目の今だからもう1度必要と感じています。

・「はじめての組織図の作り方」の記事を拝見し、
自社(30人規模)
の実情と照らし合わせ興味を持ちました。
組織図の作り方、参考にさせていただきます。

**********************************************************************

外部専門家を活用する。
当社の 組織作りプログラム を参照ください。