組織図作り方考え方中小企業 3ステップ完成 12.組織を動かす

第3章:個人の仕事を明確にして組織を動かす

組織図を作っても、組織は動きません。組織図は設計図です。
動くのは人。
動かすのは社長です。
本章では組織を動かす方法について解説します。

 

第3章1節.職務記述書・マニュアル・評価基準の三点セット

「人に仕事がつくのではなく仕事に人がつくようにしたい。」との相談を良く受けます。「では、そのために社長は何をしていますか?」
と私たちは質問します。
「役職の人間がちゃんと考えるようにと何度も言ってるんですけどね~」
と答えにならない答えが返ってきます。
無理からぬことです。
社長自身が誰に何をどのようにさせるのか明確に出来ていないからです。
個人の仕事を明確にする事が出来なければいつまで経っても人に仕事がついたままです。

職務記述書で何をするのかを明確化。
マニュアルでどうやるのかを明確化
評価基準で評価する。
スッキリですね。
「それが出来れば苦労しないよ。だからコンサルタントは机上の空論ばかりで困るんだよ。」ええ、そうです。皆さんが出来れば私の出る幕はありません。分かっちゃいるけどなかなか出来ないから私たちがお手伝いしているのです。

余談になりますが、
コンサルタントには2種類います。
1つ目は、魚釣りに例えると、魚を釣ってあげる仕事をする人=代書屋さんや代行屋さんです。補助金や助成金などの書類(経営計画までも)を代わりに書く仕事や税金の申告を代わりにやってくれる税理士さんや営業代行などの仕事です。
もう一つが私たちのように魚の釣り方を教える仕事をするコンサルタントです。
私たちが皆さんに代わって組織を作る事は出来ません。
組織の作り方を教えて出来るようになってもらう事が私たちの仕事です。

 

**********************************************************************

当ブログで好評の「組織図の作り方」を小冊子にまとめました。
【無料】でプレゼントしております。
ご希望の方は下記ページよりお申し込みください。
http://bit.ly/2F2lHsD

※読者の皆様から多くのご感想を頂いています。
(一部抜粋してご紹介いたします。)

・会社を息子に引き継がせようと思っています。
そのための参考にしたいと思います。

・組織内の課題抽出、解決法を学ぶ上でそもそも
組織の在り方自体の参考にさせて頂こうと考えております。

・大変わかりやすいものでした。
10年目の今だからもう1度必要と感じています。

・「はじめての組織図の作り方」の記事を拝見し、
自社(30人規模)
の実情と照らし合わせ興味を持ちました。
組織図の作り方、参考にさせていただきます。

**********************************************************************

外部専門家を活用する。
当社の 組織作りプログラム を参照ください。