組織作りのコツ❖事務方

当ブログは社員数30人から社員数100人程度の中規模、中企業を対象としています。人と組織の潜在力を顕在化する組織作りのプロである内海透が執筆しています。組織作り、組織再構築のコツを記しています。1~3分程度でサクッと読める内容です。

❖事務方

 組織作りに重要な役割を担うのが事務方です。総務部門や経営企画部門になります。この部門の担当者をどれだけ自分ごととして組織作りに関わらせるかが重要なポイントです。

事務方は日の当たる仕事ではありません。また、事務方の仕事をしている人は自分から進んで発言するタイプも多くありません。組織作りでは営業や製造、サービスなどの人数が多く発言力が大きい部署同士の利害関係の調整では自部門のメリットは全くありません。それでも組織作りや組織改革の過程では全体最適のために自部門の仕事より優先して取り組まなければ組織作りのプロジェクトが機能しません。

給与計算や組織規程の仕事などの間接部門の業務に対しては「出来て当たり前。出来なければ大問題。」の扱いをしている経営者が多く見られます。しかし、組織作りや組織改革を実現するためには間接部門の事務方をプロジェクトの要であると認識させる必要があります。

そのために効果的な方法は経営会議の書記と管理職会議の書記を事務方として担当させることです。普段から全社最適の視点を持っていて論理的思考力があるであろう事務方が経営と管理職との連携や部門間の調整に役に立ちます。書記を行うためにはすべての会議体に参加する必要があります。各会議体で事実を事実として記録出来る事務方がいる事でモレやダブりが無くなります。

事務方に自分ごととしてもらうためには経営会議などで事務方の発言機会を増やし意見を聞き入れる事です。事実を事実として記録していても発言する中で自分の言葉で発言します。指示された受け身の仕事としてではなく能動的に自分の仕事として捉えるようになります。

**********************************************************************

当ブログで好評の「組織図の作り方」を小冊子にまとめました。
【無料】でプレゼントしております。
ご希望の方は下記ページよりお申し込みください
http://bit.ly/2F2lHsD