営業部長の仕事と役割 67.ネタ帳作成のすすめ

9.ネタ帳

ネタ帳作成のすすめ

「今までのやり方では出来ないこと」を考えて提案するのが改善提案ですが、一朝一夕には新しい考えは出て来ないものです。だからこそ、どんなことでもネタとして蓄積する、毎日気が付いたことを記録することが大切です。

ノートを毎日続けることはなかなか難しいですが毎日続けることを目指すのではなく、常にノートを持ち続けて、気が付いたことをノートに書き留めることから始めてはいかがでしょうか?
私(内海)は30歳頃からA4サイズのノートに過去50冊以上いろいろなアイデアを書き続けています。また、パソコン上ではメモ帳を使いネタとして3000以上書き留めています。方法・手段は違えども「ネタ」を蓄積することが事業を改善するための遠回りに見えて一番の近道と言えるでしょう。

続けるコツは「立派な事」を書かない事です。何か新しい事を始めても継続出来ないのは、最初が一番「立派」で徐々に尻すぼみになるからです。
どんなに「気楽に」始めると言っても、最初の1件には1~2時間かけてしまうのがふつうです。翌日は1時間の時間が取れない、さらにもっと時間を取れなくなります。
結果、最初の1件を超える事が出来なくなるのです。

毎日毎回「立派な事、スゴイ事」ばかり考え出するのは「苦痛」です。
年に365件書き出し、その中に1つか2つ「アタリ」が出ればラッキーの水準で始めたいものです。

【NEW!】
当ブログを小冊子としてまとめました。
ご購読お申し込みは下記より。
営業部長の仕事と役割

**********************************************************************

社長一人が頑張っていて会社が組織になっていない。
どうしたものか?
どうにかしたい。
とお困りの方はお気軽に
お問い合わせください。
※メールは面倒という方は直接お電話ください!
⇒ 03-6231-4790

研修・講演企画提案書



当ブログで好評の「組織図の作り方」を小冊子にまとめました。
【無料】でプレゼントしております。
ご希望の方は下記ページよりお申し込みください。
http://bit.ly/2F2lHsD

※読者の皆様から多くのご感想を頂いています。
(一部抜粋してご紹介いたします。)

・会社を息子に引き継がせようと思っています。
そのための参考にしたいと思います。

・組織内の課題抽出、解決法を学ぶ上でそもそも
組織の在り方自体の参考にさせて頂こうと考えております。

・大変わかりやすいものでした。
10年目の今だからもう1度必要と感じています。

・「はじめての組織図の作り方」の記事を拝見し、
自社(30人規模)の実情と照らし合わせ興味を持ちました。
組織図の作り方、参考にさせていただきます。