営業部長の仕事と役割 48

部長がいなくても回る営業部

個人の感情としては寂しく自分の存在価値を否定されているかのような錯覚に陥ります。

私がコピー機の飛び込み営業の会社を辞めた時に、秘かに思っていた事があります。
「私がいなくなると会社の売上が激減する。担当のお客さんも競合に流れる。ざまあみろだ。」当時の私は、営業2課のリーダーとは言うものの、言う事を聞かない年上の部下が悪い。無理難題を言う社長が悪い。社員に大変な思いをさせている会社が悪い。と3者を相手取っていました。もちろん私が一番の被害者のつもりでした。
ところが、私が辞めても会社は普通に動いています。
「あれほどまで深刻におもいつめていたのに...」
自分一人辞めたところで全く影響がないんだ。と思い知らされました。

当時の経験があったので、近江兄弟社時代には楽でした。自分がいなくても部下がきちんと働ける環境を整えるのが上司の役割だ。自分が辞めても会社は痛くも痒くもない。部下が失敗したら上司である私が出て行ってお詫びをすればよいのだ。手柄は部下で責任は上司と考えられるようになったのが私にとって大きな変化でした。

中小企業経営者とお会いするたびに痛切に感じるのが組織で会社員として働いた経験があるかないかの違いでその組織の枠組みが見えてくる事です。働いた経験がある経営者であれば、「自分がいなくても回る」事をイメージしやすいでしょう。しかし、一度も組織で働いたことが無い方はどうしても自分がいない組織をイメージしにくいようです。

【NEW!】
当ブログを小冊子としてまとめました。
ご購読お申し込みは下記より。
営業部長の仕事と役割

**********************************************************************

社長一人が頑張っていて会社が組織になっていない。
どうしたものか?
どうにかしたい。
とお困りの方はお気軽に
お問い合わせください。
※メールは面倒という方は直接お電話ください!
⇒ 03-6231-4790

研修・講演企画提案書