営業部長の仕事と役割 35.TTP(徹底的にパクる)

目標を達成する計画作り5つのステップ

3rdステップ・ヒント4.

TTP(徹底的にパクる)

人のマネは良くない事と言われています。確かに著作権や法律に触れる事は良くありません。しかし、ゼロから全く新しい事を生み出す事は出来ません。人類の歴史も真似の繰り返しです。他人の真似からオリジナルが生まれます。

守破離という言葉をご存知でしょうか?
日本で茶道、武道、芸術等の世界で物事が上達する過程です。
守は師を徹底的に学ぶ。破は自分独自のものを取り入れる。離は自分独自のものを確立する。
守り尽くして、破るとも、離るるとも『本』ぞ忘るな。千利休

難しい話ではありません。

まずは、同業の大手のやり方を真似する守の時期を経たうえで破の時期、離の時期へと成長しましょう。
真似をする上で重要なことは、表面に現れる現象ではなく、理由を探ることです。

なぜ、その方法を行っているのか?
なぜ、そのお客さんを対象としているのか?
なぜ、そのタイミングなのか?

なぜを理解できれば異業種であっても自社への応用が可能となります。

高度経済成長期の日本を振り返ってみてください。
日本の家電メーカーが世界1になったのは、全てモノマネです。世界の大企業の製品を真似る。その上で機能を付加する事で大手に勝ってきました。私たち中小企業が他のモノマネではなく全く独自のものを作ろうとしてもそれはただの「独りよがり」に終わってしまいます。

1.同業
2.異業種
3.異国・異次元

同業大手の真似をする。異業種の真似をする。他国の真似をする。
だけで改善余地は見出せます。

同業を真似る
同業を真似る場合には、同じ地域の同業を真似ても競争が激しくなるばかりです。他の地域の優良事例を真似る事が最適です。
小さな会社の稼ぐ技術栢野さんの本が参考になります。栢野さんをお招きして過去3度セミナーを主催しました。彼の話は全て現場の話です。大企業ではなく中小零細専門です。ランチェスター戦略=差別化集中戦略で地域1番の事例ばかりです。自社と競合しない地域の同業他社の事例をそのまま真似して欲しいものです。

他業種を真似る
私は、これまで地域密着のサービスとして私の住んでいる地元の江戸川区で江戸川異業種交流会を主宰してきました。参加者は異業種の経営者の体験談を聞き、「どうすればうまくいったのか?」を自社に取り入れていました。売る物やサービスは違いますが、売り方はマネできるものが多くあります。

異国、異次元を真似る
先日2017年6月23~26日に中国の西安に行ってきました。中国は日本の真似をしているとばかり思っていましたが、中国には真似すべき物、事が多くありました。
賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ
異次元と言っていますが歴史から学ぶ事です。
学ぶは真似ぶは語源が同じと言われています。

【NEW!】
当ブログを小冊子としてまとめました。
ご購読お申し込みは下記より。
営業部長の仕事と役割

**********************************************************************

社長一人が頑張っていて会社が組織になっていない。
どうしたものか?
どうにかしたい。
とお困りの方はお気軽に
お問い合わせください。
※メールは面倒という方は直接お電話ください!
⇒ 03-6231-4790

研修・講演企画提案書