コンサルタントの選び方

コンサルタントを選ぶ前に

はじめまして。代表の内海です。
私は人の潜在力を顕在化するマネジメントコンサルタントを行っています。
14年前に独立しました。
独立前は会社員で経営企画室の課長でした。
外部のコンサルタント選びに困った経験がありました。失敗もしました。
また、独立してからは多くの企業のコンサルティングに関わりました。
選ばれる側に立ってみて分かった事は、誰もコンサルタントを選ぶ決め手を持っていないという事でした。
本稿では企業がコンサルタントを選ぶ視点についてお伝えします。

この14年間で世の中も大きく変化しました。
同時に様々なコンサルタントが現れました。
正直なところ、「コンサルタントは怪しい。」と言われる機会が増えてきたと感じています。
本来は企業経営の参謀として「コンサルティング=提案」を行うのがコンサルタントです。
それが、「○○コンサル」と誰でも気安く自称するコンサル屋が増えました。また、政治家などとの人脈を駆使して「儲け話」を持ち込む悪者も増えました。まっとうに経営支援を行っている私としては、悪徳コンサルに騙されないで欲しいとの思いも強くあります。


コンサルティングの種類

1.課題解決型

代行型サービス

あなたに代わって課題を解決するのが代行です。
弁護士は法律問題をあなたに代わって解決してくれます。税理士も同様です。一方で最近多いのが代書屋型の代行です。補助金申請など役所への複雑(面倒)な提出書類を代わりに書いてくれます。役所などの窓口は書類を拒否するのではなく受けつけるのが仕事なので相談すると親身に回答してくれます。しかし、時間がかかります。時間をお金で買うと考えると代書の利用も効果的です。
私は「なぜ?」に対する探究心が旺盛なので会社設立も自分でやりました。税理士をつけずに税務署職員と相談して申告しました。補助金や融資も自分で書類を作成しました。
一つ一つ丁寧に相談すると答えてくれますよ。
弁護士については信頼できる弁護士が必要ですね。

伴走型サービス

もう一つの課題解決のタイプは伴走型と名付けています。 制度や仕組みを作っても運用できなくては意味がありません。 人事制度の構築などは制度構築よりもその後の運用が難しいです。 伴走するタイプが適していると考えています。 当社の提唱する組織改革は経営層と管理職層を中心として実行が伴わなくては完成させられません。 本人たちが自分の仕事を自覚して自分たちで改善案を出し部下と一緒に実行していく。 「このやり方でよいのだろうか?」と迷いも出ます。 私たちは途中でリードしたり、後ろから後押しする事で本人たちに成功体験を持ってもらい自信をつけさせます。 その結果、組織の仕組みだけでなく一人一人が自発性を発揮できる組織になります。

2.パートナー型

社外取締役(アドバイザリー)

顧問として先輩経営者が経営に参画する事例などが当てはまります。 私がお世話になっている会社力研究所の長谷川先生は現在80歳ですが、今なお数社の経営顧問をされています。 経験値だけで偉そうに上から言うのではなく経営者に寄り添う方だから出来る事です。 私も80歳までは経営顧問として自分の知見を活かしたいと考えています。

伴走型

このタイプのコンサルタントはあまりいないですね。 当社独自だと自負しています。 当社は最初は組織改革を課題としてコンサルティングを依頼されます。 その過程で現場社員との距離が近づきます。経営がくみ取れない現場の葛藤などが私に流れてきます。現場も管理職も手をこまねいているわけにはいかないが経営にどのように話せば良いか分からない。 会社内に多くある「止まっている案件」を掘り起こす事が私たちパートナーの役割です。

コンサルタントのタイプと特徴

会社員型

補助金などの場合は会社が作成した「テンプレート」が商品になります。 そのテンプレートをノウハウとして活用します。 知らない人にとっては分かりやすいテンプレートに当てはめる事で自分で実行できます。 もしくは、コンサルが当てはめて「答え」を示します。 このようなコンサルティング会社では、論理思考が出来る人を採用します。その結果、理詰めなコンサルタントが多くなります。 「こちらは正しいことを言っている。出来ないあなたが悪い。」 が逃げ口上です。 出来ないから頼んでるのですが。
 

独立独歩型

独立型コンサルタントは良くも悪くも相性次第です。
企業やコンサルティングファームの枠組みに収まり切れずに独立した人が多いです。仕事には自信があるので独立しています。
定型的な枠組みの仕事よりも「難しい課題」が好きな職人気質のコンサルタントが多いです。お金よりも遣り甲斐を求めている人もいます。
コンサルタントなのに情にもろい人もいるので合えばパートナーとして良き相談相手になるでしょう。
最初は課題解決、その後パートナーとして定期的に訪問。
自分たちで決めたけどちょっと確認したいというときに言いにくいことをズバッと言ってくれるのがこのタイプです。なぜなら彼らは利害関係を超越したところに自分たちの価値があると認識しています。