2018年 4月 の投稿一覧

中小企業 営業研修 実践 チェックリスト 3

チェックリスト

ご自身は感覚、もしくは自助努力で営業が出来るようになったので部下に論理的、体系的に教えるのが苦手な中小企業経営者を対象にしています。営業のイロハを手取り足取り順を追って詳細に解説します。「これでダメなら諦めなさい」のレベルです。当ブログを順を追って実践する事で自分なりのセールストークの台本が完成します。

 

下記項目の□欄に出来ていれば☑を記入してください。

理由欄には「出来ていても」「出来ていなくても」自分なりの考えをご記入ください。

「なぜ、そう言えるのか?」と自問自答してください。

自分なりに考える事が改善策立案の第一歩です。

 

 

 

□           会社の理念と将来ビジョンは現場に浸透している

理由

 

 

 

□           自社を取り巻く業界、地域の外部環境の分析ができている

理由

 

 

 

□           営業マニュアルは有効活用されている

理由

 

 

 

□           お客様は「誰か」が明らかである

理由

 

 

 

□           見込み客に「何を、どれだけの量」働きかければ売上につながるか定量化出来ている

理由

 

 

 

□           お客様は「どうなりたいか?」「どんな悩みを抱えているのか?」が明確である

理由

 

 

 

□           営業部員は今月の目標を即答できる

理由

 

 

 

□           営業部員の行動量と成果が定量化されている

(〇日間で〇件訪問する事で〇円の売り上げを上げることが出来る)

理由

 

 

 

□           現場からの改善提案が自発的に上がる仕組みがある

理由

 

 

 

□           営業ツールの定期的な見直し、改訂を行っている

理由

 

 

 

□           営業トークの標準的なシナリオを作成している

理由

 

 

 

□           社長が現場に入らなくても現場が見える仕組みがある

理由

 

 

 

□           営業部員の社内研修制度(人材育成の仕組)がある

 

 

 

中小企業 営業研修 実践 対処療法ではなく根本治療 2

あなたは鼻水が出たらどうしますか?

ご自身は感覚、もしくは自助努力で営業が出来るようになったので部下に論理的、体系的に教えるのが苦手な中小企業経営者を対象にしています。営業のイロハを手取り足取り順を追って詳細に解説します。「これでダメなら諦めなさい」のレベルです。当ブログを順を追って実践する事で自分なりのセールストークの台本が完成します。

 

突然ですがあなたは鼻水が出たらどうしますか?

対処方法

1.鼻をかむ

2.鼻炎の薬を飲む

3.花粉症の薬を飲む

4.医者にかかる

5.放って置く

ところが、鼻水の原因がウイルスなどによる感染症だったらどうでしょうか?

自分ばかりでなく他人に伝染させてしまうかもしれません。安易な自分の思い込みだけで判断をすると命取りとなることもあります。

 

現在の日本を取り巻く情報化社会では、
インターネットで検索すれば多くの「今スグ、簡単に」対処できるノウハウが数多く提供されています。

しかし、根本原因を見極めずに勝手に自己判断し対処療法を行う事で症状を悪化させている場合が多くあります。

「売り上げが上がらない」という症状に対して対症療法で対応しても根本の問題が解決できていないためずるずると先延ばし、あるいは悪化している場合も多く見受けられます。

中小企業 営業研修 実践 はじめに 1

はじめに

ご自身は感覚、もしくは自助努力で営業が出来るようになったので部下に論理的、体系的に教えるのが苦手な中小企業経営者を対象にしています。営業のイロハを手取り足取り順を追って詳細に解説します。「これでダメなら諦めなさい」のレベルです。当ブログを順を追って実践する事で自分なりのセールストークの台本が完成します。

 

「今までは何とか紹介だけでやってこれたんです。」

2013年4月の東京商工会議所主催セミナーに登壇した際に名刺交換した60代後半の社長の言葉が今も耳を離れません。
「創業以来今まで30年以上何とか事業を続けてきました。ところが、最近は年々売り上げが落ちてきています。しかし、今まで紹介を受けてばかりで、自分が営業をやったことが無いので何からやれば良いのか分からず手をこまねいているのです。一体何から手を付ければ良いのか?どうすれば良いのか?分からないのです。」

当ブログは、そうした悩みを抱えている小さな会社の営業マニュアルになればとの思いで執筆しました。
これまでの当社の経験・実績及び既存のお客様の事例を基に体系化しました。

紹介事例では売上規模1000万円程度の個人事業から50億円規模若しくは社員数100名程度迄の規模まで。業種としては、畜産業(第一次産業)、製造業(第二次産業)、小売り・サービス業(第三次産業)と様々な業種。全て当社が直接支援・指導したお客様の事例のみを採り上げています。問合せ頂くとスグに答えられる事例ばかりです。是非、貴社の事業と照らし合わせながら採り入れて頂ければ幸いです。

中小企業 営業研修 実践 目次 0

当ブログは、中小企業を対象に執筆しています。
「社長の個の営業力でこれまでやってきた。何とか組織で自社商品やサービスを売れるようにしたい。しかし、部下を上手く教える事が出来ない。」
多くの研修会社が社員向けの研修を販売しているが一体どこが良いのだろうか?
とお悩みの方の判断材料として頂ければと考えております。
座学ではなく実践形式で行う研修をブログ形式で伝えるのは難しいのですが、何とか伝わるように伝えます。

目次

はじめに

対症療法ではなく根本治療

チェックリスト

研修の進め方

対象者のレベルとゴール設定

1つかみが9割

1-1.1分間自己紹介

2相手に応じた話法

2-1.自分を知る

3営業台本作成実践編

3-1構成

3-2場作り

3-2-1人は見た目が9割

3-2-2聴くよ話すよ

3-2-3伝え方と魅せ方

3-3情報収集

3-3-1傾聴

3-3-2頷き相槌

3-3-3質問

演習:医者と患者

3-4提案

3-4-1アプローチデモブック

3-4-2VAKタイプに応じた提案

3-5クロージング

3-5-1パートナー

4ロールプレイ(ロープレ)

 

組織改革実践研修 に登壇します。

組織改革実践研修

経営者が思い描く「あるべき姿」と現場の「現実」との乖離を埋める

2018年05月17日 (木) 開始:10:00 | 終了:16:00 | 開場:09:40

会場名:お茶の水ケアサービス学院
住所  :東京都 千代田区岩本町1-10-3
定員  :30名
主催  :お茶の水ケアサービス学院株式会社
受講料 :15,000円

1.事例紹介
◎精神NPO:グループホーム、通所、相談支援
◎就労社団法人:A型、B型 ◎他民間企業事例
2.問題提起
(講義と実習)誰が悪いかではなく、何が悪いか
3.問題解決
◎分析編
(講義と実習)参加型分析で当事者意識を醸成
◎解決策立案編
(講義と実習)立案ヒントと事例紹介
◎解決策実践編
(講義と実習)見える化と人を動かす
コミュニケーションで傍観者を主体者へ

小規模組織は、社長(経営者)の取り組み次第で業績は向上します。大規模組織は、機能面の仕組化で業績向上が可能です。中規模組織では、職員一人一人の潜在力を顕在化させなければなりません。縦型(機能別・事業所別)組織に横串を差し込む組織改革でV字回復した事例を通して解説いたします。講師は当事者として自社で組織変革を行いました。事業再生コンサルタントとして90日でV字回復する理論を体系化しました。対処療法ではなく「真の問題発見法とその問題
解決法」を理解できるようになります。さらに、経営幹部を事業所(部門)代表ではなく、経営当事者として関与させられるようになります。専門家職人集団になりがちな「医療・福祉」業界で適用できます。

お申込は こちら からお願いします。(主催:お茶の水ケアサービス学院株式会社)

組織改革 方法 中小企業 28.金(財務と経理)

第5章4節.金(財務と経理)

当ブログの対象。社員数30~100名の中規模企業。創業社長のカリスマとパワーで急拡大した組織や社長が代替わりしたばかりの組織。部門間の縦割り。トップと現場とのギャップが大きい。などでお困りの経営者、幹部、意欲ある中堅社員(チェンジリーダー)。

組織改革 方法 中小企業 27.物・サービス(企画・マーケティングと販売)

第5章3節.物・サービス(企画・マーケティングと販売)

当ブログは、人と組織の問題に悩んでいる中規模企業経営者、経営幹部を対象に執筆しています。事業承継、世代交代、部門間の縦割り、トップと現場のギャップに「このままではいけない」と思いつつ...ではどうすればよいのか?堂々巡り。当社12年1,800社以上の実績が証明する中堅と現場を巻き込む組織改革法がお役に立つでしょう。

 

経営三資源の中で、物・サービスに関する項目です。どのような商品やサービスが売れるのだろうか?

現状を分析し新商品や新サービスを開発する企画とマーケティング機能が中小企業では弱いです。経営陣と各部門選抜のプロジェクトメンバーが推進力となる事で組織の全体最適が可能となります。

経営者が思い描く「あるべき姿」と現場の「現実」との乖離を埋める 組織改革実践研修

経営者が思い描く「あるべき姿」と現場の「現実」との乖離を埋める組織改革実践研修

5月17日(木) 東京開催

小規模組織は、社長(経営者)の取り組み次第で業績は向上します。
大規模組織は、機能面の仕組化で業績向上が可能です。
中規模組織では、職員一人一人の潜在力を顕在化させなければなりません。
縦型(機能別・事業所別)組織に横串を差し込む組織改革でV字回復した事例を通して解説いたします。
講師は当事者として自社で組織変革を行いました。
事業再生コンサルタントとして90日でV字回復する理論を体系化しました。
対処療法ではなく「真の問題発見法とその問題解決法」を理解できるようになります。
さらに、経営幹部を事業所(部門)代表ではなく、経営当事者として関与させられるようになります。
専門家職人集団になりがちな「医療・福祉」業界で適用できます。

 

主催:コメディカルアカデミー
詳細は、 http://www.comedicalacademy.com/kensyu/085/ をご参照ください。