1枚の組織図で経営が見える

コラム:1枚の組織図で経営が見える

当ブログは、人と組織の問題に悩んでいる中規模企業経営者、経営幹部を対象に執筆しています。事業承継、世代交代、部門間の縦割り、トップと現場のギャップに「このままではいけない」と思いつつ...ではどうすればよいのか?堂々巡り。当社12年1,800社以上の実績が証明する中堅と現場を巻き込む組織改革法がお役に立つでしょう。

多くの上場企業ではIR情報で組織図を掲載しています。組織図を見れば、この企業は何をしたいのかが明確な意思として伝わってきます。また、「○部門」が強いなどの企業の強みが分かります。「△部門」を強化しているのは△の市場を狙っているなどの経営基本方針が分かります。会社の沿革と合わせて読み解く事で○部門のトップが次期社長候補になるのかも見えてきます。人事異動ではテコ入れなのか失脚なのかも明らかになります。組織図1枚で経営が見えます。

私たちが事業再生コンサルタントとして現場に入る前に最初に組織図を徹底的に読み込みました。

「この部署何やってるの?」

「この人、ここにもいるよね?」

「あれ、この間が無いのは変だよね?」とプロジェクトチームで組織機能についてディスカッションを行います。その上で、現場に入り込みます。現場の動きと組織図の配置の矛盾を見出します。改善のヒントは組織図を読み込む事が第一歩でした。

一方、多くの中小企業には残念ながら組織図がありません。あっても、「なんちゃって組織図」しか無いのが現状です。あれば、改善の着眼点になるのですが、無ければ問題が起きている事すら気づきません。