中小企業経営者のための経営力強化方法 22.知的腕力

3-4.知的腕力

Q知的腕力を行使して実行させているか?

○問題提起:「やれ!」と言ってもやらない。動かない社員に対しては知的腕力が必要だ。時として断固とした姿勢と態度が必要な場合がある。あなたは、言わねばならない時、やらねばならない時に断固とした態度で知的腕力を行使しているか?前述の逆算スケジュールを設定してもスケジュール通りに進まない事がある。そうした場合に、何が何でも実行させているか?

解決策:自主性に委ねる部分と断固とした態度で接する部分を明確にする。必要な時は断固とした態度で知的腕力を行使する。
・手順1.出来なくてやれないのか。出来るのにやらないのかを見極める。
2.出来るのにやらない事は「悪」の姿勢を貫く。
3.それでもやらない場合は断固とした態度で知的腕力を行使する。
・コツ:叱るときには本気で叱る。中途半端が最悪。後述するが社長には演技力が必要。肚から声を出し青ざめさせる。しかし、優しい二代目社長は本気で叱る事が出来ない。「親の仇か天敵」だと思い込み、一喝する。

事例
ある会社の新規開拓プロジェクトの進捗確認会議で、期日までに担当者がテレアポをしていなかった。「今すぐ電話しなさい。」と伝え担当者は渋々電話した。担当者が電話している間は会議を中断した。自分が電話しなかった事で他の参加者に迷惑をかけた事を自覚させた。その日以降、その担当者は決めた事は必ず実行するようになった。時として、このような強制力を働かせる必要がある。私たちは知的腕力と呼んでいる。

実践:週次の進捗確認で計画と行動と結果のズレを極小化する。ショートインターバルコントロールという方法だ。これは、短期間に修正改善を実行する事で目標達成の確度を高める方法だ。1週間ごとの途中指標を定めることにより、「なぜ、出来ないんだ!」と怒鳴りたてるのではなく、上司と部下とで方法の妥当性検証、改善策立案が可能となる。1カ月単位で進捗状況を確認すると修正、改善が後手に回る。時として「取り返し」が付かないこともある。1週間程度の短期間であれば修正、改善を繰り返す事で再生計画を実現できる。私たち外部のコンサルタントが効果を発揮するのは、週一回程度定期的に訪問するため外圧として機能するからだ。私たちは、お客様の会社の事情を知らないし、事情には合わせない。客観的に計画との進捗状況を確認する。前回訪問後に突発的なアクシデントが起こっても、決めた日程に訪問し、決めた事が出来ていたかを確認する。出来ていなければ、「今すぐやりなさい。」と厳しく知的腕力を発揮する。言い訳が正しくてもやっていなければ数字は上がらない。目標達成のスケジュールを逆算で組んでも全てが予定通り進むことはない。下記図の理想の目標達成直線通りには進まない。週次で修正することで初めて目標達成できる。

中小企業経営者の経営力強化を目的として当社代表の内海が監修した
フレームワークで学ぶ社長のための経営力強化書が好評です。
当ブログでは書籍のエッセンス部分をお伝えします。
なお、お買い求めは下記リンクよりアマゾンで購入できます。

フレームワークで学ぶ社長のための経営力強化書

【無料】小冊子プレゼント中!
90日で売れる営業組織を作る方法
http://hcj.bz/lp201706
当ブログ人気記事のエッセンスを凝縮した小冊子をプレゼントしています。
小冊子無料プレゼント!90日で売れる営業組織を作る方法

コメントを残す

*