中小企業経営者のための経営力強化方法 18.アイデア→企画→計画

2-11.アイデア→企画→計画

Q:常に新しいアイデアを発想し実行しているか?

○問題提起:世の中にアイデアマンと言われる人がいる。どちらかといえば突飛な発想の人のことを指す。ビジネスで、本当のアイデアマンは結果を出せる。アイデアを企画にする。そして日付が入った計画にする。そして実現させるのが本当のアイデアマンだ。

○解決策:アイデア→企画→計画
日頃の情報収集→情報の展開→収束→企画→計画→実行!実行!実行!

情報収集の目的を明確にする。私がセミナーなどの場所で受講者に実験してもらうことがある。それは、目を閉じてもらい、目を閉じたまま「会場内の赤いもの」を思い浮かべてもらう事だ。目を開けてもらうと、みな一斉に赤いものを探す。セミナーなどの会場には「赤いもの」は多くない。人によっては1つも思い浮かばない。私は毎回赤いネクタイをしているのだが、その赤いネクタイを「見えてはいたが、見てはいなかった」事が明らかになる。情報過多の時代と言われているが、目の前に赤いネクタイがあっても脳は必要な情報とそうでない情報を振り分けている。赤いものを探そうと脳に働き掛けないと見えていても見ていない状態となる。本を読む目的を明確にすると本や活字情報の収集力は早くなる。この本を読むことでどのような情報を得たいのか?知識を得たいのか?を明確にすると自分に必要な情報や知識が目の前に飛び込んでくる。

情報展開
一番のお勧めはマンダラートだ。9つのマス目を書きその中に思いつくままに展開する方法だ。オズボーンのチェックリストも効果的だ。これらの具体的な方法については、「考具(加藤昌治著)」に詳しい。ぜひ参考にしてほしい。
平成28年7月に当社情報会員向け月例勉強会=やる気会で内海が講師となりアイデア発想法のセミナーを開催した。様々な業種の方が自社の今後の展開や新商品について具体的なアイデアを出せるところまで進めた。
方法を知っているだけで出来ることは多い。アイデア→企画→計画へと進めていただき自社の今後の取り組みに生かしていただきたい。企画→計画の具体化については、本書2-6以降を参照してほしい。


眠れない夜とおさらばしましょう(-_-;)

○アイデア→企画→計画サイクルを回せるようになることで、新商品・新サービスの考案が容易になる。社内の改善提案が沸き起こる。

○実践:まずはネタ帳作成。ネタがある人は上記のアイデア展開手法をやってみる。

中小企業経営者の経営力強化を目的として当社代表の内海が監修した
フレームワークで学ぶ社長のための経営力強化書が好評です。
当ブログでは書籍のエッセンス部分をお伝えします。
なお、お買い求めは下記リンクよりアマゾンで購入できます。

フレームワークで学ぶ社長のための経営力強化書

【無料】小冊子プレゼント中!
90日で売れる営業組織を作る方法
http://hcj.bz/lp201706
当ブログ人気記事のエッセンスを凝縮した小冊子をプレゼントしています。
小冊子無料プレゼント!90日で売れる営業組織を作る方法

当ブログで使用している漫画素材はブラックジャックによろしくより借用しました。
https://note.mu/shuho_sato/n/na1c3e7c1aa60
著者の佐藤氏がどのような考えでこの漫画の二次利用をフリーにしたかについて
賛同し借用させて頂いています。
ブラックジャックによろしく
著作者名:佐藤秀峰
サイト:漫画 on web http://mangaonweb.com

コメントを残す

*