社長の心得 12 記憶・記録

おはようございます。
ヒューマン・コンフィデンスジャパン株式会社 代表の内海です。

記憶・記録

記憶と記録の蓄積が自分の価値基準を作る
一般に「人間の記憶はあやふやである」と認識されている。
しかし、私は違うと考える。
仕事に真剣に取り組めば、その時々の失敗も成功も鮮明に記憶に残る。
一生懸命と誤用されている一所懸命という言葉がある。
一つの所に命を懸ける意味である。
命を懸ける程の仕事であれば記憶に残らないはずがない。

そこまで集中しながらも、記憶だけに頼らないようにしたい。
なぜなら、記憶は個人的なものであり、他者へ伝えるのが難しい事だからである。
事実に基づいた記録を取り共有することで初めて組織内で知恵が共有される。
「5W2H」を網羅した記録をつけ、社内で共有している理由である。

個人としては記憶を高めつつも、組織としては記憶に頼らないことが理想である。
当社では常に仕事を記録し見える化している。
社内での共有が進み新入社員の成長スピードが著しくアップするのはこのためである。

社長が頑張れば頑張るほど売上が下がる
でも、頑張らなければもっと下がる…
http://bit.ly/2jczLJL
面倒なことは、私たちに任せて、社長は得意な事に専念してください
営業部長代行事例集プレゼント中
—————————————————————————————————–

人と組織の潜在力を顕在化する
ヒューマン・コンフィデンスジャパン株式会社

コメントを残す

*