経営企画の仕事と役割9お題設定(起案)

第三章:お題設定(起案)

良い意思決定は、良い課題から生まれます。

良い課題には、良い課題設定が必要です。
これこそが経営企画の仕事の醍醐味です。
経営者とは言え50人規模では、まだまだ現場と経営とを行ったり来たりしています。
経営企画に課せられる役割は、経営に関する会議では「経営」の課題設定をする事です。
現場に関する会議では「現場の具体的」課題設定をする事です。

中にいながら自分を客観的立場に置かなくては出来ない仕事です。

 

経営参謀、経営の裏方としての経営企画の仕事の醍醐味は「良いお題設定」に尽きます。

 

以下は、社長のいない所でご覧ください。(笑)

問いかけで自ら考え、実行出来る社長を育てる(ソクラテスメソッド)

人は質問されると、答えます。
質問の種類によって考えさせたり、実効力を高めたり出来ます。
以下でそれらの問いについて解説します。

ソクラテスメソッド 
ソクラテスには著書がありません。が、弟子は多くいました。

弟子にはプラトンやアリストテレスがいて、彼らを通じてソクラテスの考え方は世に知られました。
ソクラテスメソッドとは、答えを教えるのではなく、考えさせる理論です。

あなたが良い社長を育てたいのであれば、教えるのではなく、考えさせる事です。(社長には言えませんが。)考えさせるには問いかけが有効です。魚を釣ってあげるのではなく、釣り方を教えてあげる。と説明しています。

1・選択肢を広げる 
オープン質問と呼ばれる質問の種類です。

「はい、いいえ。」ではなく、答えが人によって違います。

「あなたはどうしたら良いと思いますか?」と問われると、
「私はこうしたら良いと思います。」と答えます。

当ブログで何度も出てきた5W2Hについて、
いつまでにやりますか?
どこでやりますか?
誰がやりますか?
何をやりますか?
どのようにやりますか?
と方法を考えるように問いかけます。

その上で、なぜ、その日なのか?なぜ、そこなのか?
なぜ、その人なのか?なぜ、それなのか?
なぜ、その方法なのか?を問いかける事で自ら考えるようになります。

2・考えさせる 
問いかけた後で特に重要なのが待つ事です。突然「あなたはどうしたら良いと思いますか?」と問われても、答えに窮します。そこで、問い詰めるのではなく、一呼吸待ちます。この間を取る事で、社長といえども考えても良いんだと理解します。

聴く
間をあける。

問いかけと復唱で「自分の仕事」として肚落ち出来ます。部下の報告を聞いただけでは、自覚させる道半ばです。社長本人が自分の言葉で話せるようになってようやく自覚出来た状態となります。では、なぜ問いかけが大事なのでしょうか?
人間は人の話を聞いただけでは、概念としての理解に留まるからです。
頭では分かる状態です。
それを自分の言葉で復唱し直す過程で、自分の理解度と不明点、相違点を整理するからです。

経営企画の役割の真骨頂は、
社長の話を聞きながら社長の意思を行動につなげて背中を押す事です。