経営企画の仕事と役割 18.理念体現者

1・理念体現者
ドラッカー氏の著書から引用します。
「ここに、煉瓦を積む作業をしている人たちがいます。
「あなたは何をしているのですか?」
との問いに対する5通りの答えがあります。
(1)わたしは、煉瓦を積んでいます。
(2)わたしは、壁をつくっています。
(3)わたしたちは、建物をつくっています。
(4)わたしたちは、教会をつくっています。
(5)わたしたちは、人々の心を癒す空間を造っています。」
これらの答えは、その人の仕事に対する認識が自分の仕事の価値観を表します。
ここでいう「人々の心を癒す」というミッションを共有することが働く人のエネルギー源となり、「やり甲斐」をもたらしてくれるものです。経営企画の役割は、仕事を行う上で自社の経営理念の体現者で無ければなりません。忙しい社長は機会あるごとに言葉で伝える。経営企画は行動で伝える必要があります。実は上記のドラッカー氏の逸話には裏話があります。一番の問題は
「誰にも負けない、誰にも出来ない素晴らしい煉瓦を積んでいます。」と答える職人です。
組織で働く上でのチームワークも無く、自分の満足のために煉瓦を積むことが最大の害である。ということです。
経営企画はともすると
「俺たちはお前らが出来ない難しい仕事をしているんだ。」
「社長に気に入られているから何をやってもOK」
の傲慢な態度を取りがちです。膨大なデータを取り扱い、時には夜も徹して資料を作成する事は大変です。大変だから何をやっても良いわけではありません。大変な事をやりながらも、「私は人々の心を癒す空間を作っています。」と自ら理念の体現者となる必要があるのです

 

 

**********************************************************************

 

営業部長 研修
営業課長 研修
管理職  研修
講演・セミナー企画については、
お気軽に下記までお問い合わせください。

研修・講演企画提案書