経営企画の仕事と役割 17.究極

第五章:究極

「これ言ったら身も蓋もないのですが。」経営企画の仕事と役割の究極の姿は無くなっている状態です。経営と現場があざなえる縄の様に密接に連携し一人一人の社員が自分の役割+アルファを行う組織が出来れば、経営企画は不要になります。そもそも小規模の組織には不要だった存在なのですから。大きくなっても上司部下、部門間の風通しが良ければ理論上は必要ありません。

先日、師匠の長谷川先生の会社力研究所設立40周年記念パーティーで元リッツカールトン日本支社長の高野昇さんの講演を聞きました。セルフエスティーム(自己肯定感)の高い人ばかりであればコンサルタントは不要です。お互いがお互いの事を尊敬している人同士だから言える言葉です。しかし、究極の姿は経営企画がない会社が良い会社であると言えます。私も自分の部下が取締役に就任するのを見届けて会社を退職しました。人事制度プロジェクト、全社システム導入、取締役会議の機能強化、部長会議の導入。そして、取締役交代と縁の下の力持ちである経営企画の役割を終えました。「自分の職を守る」経営企画ではなく、「会社を良くする」経営企画であってほしい物です。

 

**********************************************************************

 

営業部長 研修
営業課長 研修
管理職  研修
講演・セミナー企画については、
お気軽に下記までお問い合わせください。

研修・講演企画提案書