組織改革 方法 中小企業 10.意識と行動の壁

第3章2節. 意識と行動の壁

当ブログの対象。社員数30~100名の中規模企業。創業社長のカリスマとパワーで急拡大した組織や社長が代替わりしたばかりの組織。部門間の縦割り。トップと現場とのギャップが大きい。などでお困りの経営者、幹部、意欲ある中堅社員(チェンジリーダー)。

部下に「意識を変えろ」と言っている社長を多くみかけます。
一見、正論のようですが、「意識を変えろ」と言われて意識が変わった部下はどれだけいるでしょうか?
言われて意識が変わり行動が変わる社員ばかりであれば、苦労しません。
意識の高い社員は自分で社長の考えをくみ取り勝手に行動を変えています。
しかし、ほとんどの社員は、社長が言う「意識を変える」とはどういう事か分からないままなのです。
何が変われば意識が変わった事になるのか分かりません。
本人に聞けば意識を変えたと言っています。
社長から見れば「何も変わっていない。」
見えない意識に焦点を当てても結果は変わりません。
当社のコンサルティングでは意識を変えるより先に行動を変えさせるようにしています。
いつまでに、何をどれだけやるのか?を明確にして行動を変えさせる。
チェックリストを使う。出来ない人は出来るように練習させる。
出来るのにやらない人は意識を変えるのではなく、行動を変えさせる。
行動が変わったら、結果が変わります。
良い結果が出ると自信が付きます。
失敗への不安がなくなります。
新しい行動に抵抗がなくなります。
結果的に「いやだ。やらない。」
の意識が
「分かった。やる。」に変化します。

行動を変えない社員に対しては「変わらなかった」事実が記録される。
事実を目の前に突き付けられると大抵は逃げ出してしまう。
求めるのは、結果。
結果のためには行動を変えるが正解。

ベテラン社員になればなるほど、社長の言わんとする「意識」については理解できるようになります。しかし、行動の変化に対しては抵抗するようになります。これは、行動の結果の失敗が怖いからです。大量行動をさせる事で行動への壁を下げる事で意識変革へとつなげられます。