組織図作り方考え方中小企業 3ステップ完成 6.組織図は組織作りの設計図

今さら聞けない組織図の作り方

はじめての組織図作り
組織化の階段を昇れず忸怩たる思いをしている経営者必読!
90日で人と組織を再生する事業再生のプロが解説

第2章:組織図は組織作りの設計図

組織図を作る時の考え方について解説します。

なかなか組織化出来ないのは設計図を描かずにいきなり組織を作っているからです。
そして組織図は現状を絵にしただけのものとなってしまいます。
また、現状からの積み上げ思考では組織作りに時間がかかります。
それは、「出来るようになったら」次のステップへ進む考え方だからです。
「本来のあるべき姿と現状の差」が見えるとその差異を埋めるために頑張ります。
圧倒的にスピーディーです。
そのためにも設計図としての組織図が重要です。

 

 

当社が提唱する組織設計図としての組織図では、
人・モノ・金の経営三資源をどのように機能させるのかを組織図で表します。
中小企業では黄色の現場の部分を無駄なく効率よく機能させるかが重要です。
社長は黄色い部分を部下に任せ、白い部分=考える部分を担う事になります。
黄色い部分を部下に任せるためにも黄色部分のマニュアル化が重要です。
黄色い部分のマニュアルを作り、
部下が出来るように教育するのが組織化を目指す社長の最初の仕事です。

私が師匠と呼ばせて頂いている方に「社長のノート」シリーズの著者で会社力研究所代表の長谷川和廣先生がいます。長谷川先生はニコンとエシロールが合併した企業であるニコンエシロールの経営の他にも多国籍企業を数多く経営された実績があります。先生がおっしゃるには、

「どのような組織が最適か?」との問いに対しては、

「経営者が経営しやすい組織が良い組織だ。」と答えています。教科書を参考にしても経営は出来ない。経営者が意思決定し実行させるための組織が良い組織だと仰っています。皆様の会社の最適解を見出せるのは社長しかいません。一般論ではありません。現在いる社員の特徴や強みを活かした組織を構築して頂きたいものです。

 

 

**********************************************************************

当ブログで好評の「組織図の作り方」を小冊子にまとめました。
【無料】でプレゼントしております。
ご希望の方は下記ページよりお申し込みください。
http://bit.ly/2F2lHsD

**********************************************************************

外部専門家を活用する。
当社の 組織作りプログラム を参照ください。