目標達成営業部の作り方30・第3章2節3.ソクラテスメソッドで自発的に考えさせる

まとめて読みたい…との声を受けて
目標達成営業部の作り方」を小冊子にまとめました。
http://hcj.bz/目標達成営業部の作り方小冊子/
【小冊子版】目標達成営業部の作り方は【無料】でダウンロード出来ます。
A5サイズPDFでスマホ、iPadで気軽に読めます。

第3章2節3.ソクラテスメソッドで自発的に考えさせる

 

問いかけで自ら考え、実行出来る部下を育てる事をソクラテスメソッドと呼んでいます。人は質問されると、答えます。質問の種類によって考えさせ、実行力を高める事が出来ます。「魚を釣ってやるのではなく、釣り方を教えてあげる。」と説明しています。
以下でそれらの質問の方法について解説します。

 

1・選択肢を広げる

オープン質問と呼ばれる質問の種類です。
「はい、いいえ。」で答えられるのではなく、答えが人によって違います。「あなたはどうしたら良いと思いますか?」
と問われると、「私はこうしたら良いと思います。」
と答えます。

質問の種類は、本書で何度も出てきた5W2Hを使います。
いつまでにやりますか?
どこでやりますか?
誰がやりますか?
何をやりますか?
どのようにやりますか?
と方法を考えさせます。
その上で、

なぜ、その日なのか?なぜ、そこなのか?
なぜ、その人なのか?なぜ、それなのか?
なぜ、その方法なのか?

を問いかける事で自ら考えるようになります。

 

 

 

* * * * *

 

まとめて読みたい…との声を受けて
目標達成営業部の作り方」を小冊子にまとめました。

http://hcj.bz/目標達成営業部の作り方小冊子/
【小冊子版】目標達成営業部の作り方は【無料】でダウンロード出来ます。
A5サイズPDFでスマホ、iPadで気軽に読めます。