営業部長代行

社長が頑張れば頑張るほど売り上げが下がる

しかし、頑張らなければもっと下がる…

 

 できる営業部長が欲しい!

☑ 何となくの目標で、達成する気がない!

☑ いまだに営業は社長頼み!

 

「できる営業部長が欲しいが、良い人がいなくて」という言葉を耳にします。
当社では、このような問題を解決するために営業部長を代行しております。

 

社長は得意な事に専念してください。
面倒な売上を上げる仕組み作りや組織作り、
部下育成は私たちにお任せください。

私たちは、社員一人一人に当事者意識を持たせ、やり切るための「癖付け」を行います。
もちろん自らも先頭に立って営業します。

当社は、お客様と一緒になって汗を流し、結果を出します。
「景気が悪い」、「政治が悪い」、「取引先が悪い」、「がんばったけど、ダメでした」自分を正当化して言い訳ばかりの世の中。自分は悪くなくても、会社の業績が悪ければ、会社は潰れてしまいます。「言い訳」を考える暇があるなら、できる方法を考えて実践しましょう!

当社のメソッドでは、スタートからゴールまでの道のりを可視化する事で、
社員自ら気づき”“自ら考えて行動出来るようになります。

 

社員の生産性を120160%アップ

少子高齢化、人口減少が益々加速しています。中小企業経営者にとっては、「良い人」の採用が難しい時代です。これからは、今いる現有社員の一人当たりの生産性をどれだけ高められるかが問われます。
これまで1600人以上が受講した「目標達成営業部の作り方」のセミナーで取り上げているギャップマネジメント理論を使う事により、現有社員の生産性を120160高める事が可能となります。

 

『癖付け』で、自然と達成できるようにする

組織営業力を高めるには、社長、営業部長の職人技頼りではなく、社員一人一人に当事者意識を持たせ、やり切るための「癖付け」を行わなければなりません。精神論ではなく、目標と現状の差異を「見える化」し、具体的定量的な対策を考え、進捗状況の「見える化」の仕組みを導入することにより、社員一人一人が何をなすべきかを自ら考働出来るようになります。
ところで、組織営業は、何百人も社員がいる大企業向けだとお考えになるのも無理はありません。社員数人の中小企業向けではないと諦めないでください。当理論は、社長と営業担当者だけの会社でも実証された方法です。

また、マネジメント理論というと何百ページもある難解な分厚い書籍をイメージされるでしょう。実践する前に理解する事が大変だとお考えになるのも無理はありません。大丈夫です。当社にお任せください。その日から営業部長の仕事を請け負います。

 

当社がこれまで支援してきたお客様には、3K現場の会社が多くありました。

牧場、精肉卸売業、製造業、建設業(新築、リフォーム、内装)、清掃業、新聞販売店、飛び込み営業系会社などです。
現場中心の会社ですぐに実践できる方法として当社が営業部長を代行しています。

 

【営業部長代行サービス概要】

目的:中小企業の組織構築のための時限代行サービス
対象:中小企業経営者
業種:不問:当社のコンサルティング実績をご参照ください。
規模:5~100名程度(詳細はお問い合わせください。)
金額:20万円/月
※東京駅からの交通費、宿泊代等かかる場合はご負担お願いします。

 

実施事項:契約締結時に交わす業務内容
・営業同行(改善余地の調査、実地指導)
・営業研修
・営業ロールプレイ(営業模擬演習)
・営業会議同席
・社長との個別面談

成果:契約締結時に確定する貴社が得たい成果
1.売上目標達成の仕組の定着化
2.人材育成の仕組化
3.人と組織に関する悩み事の解消
4.指示待ち社員の自立社員化
5.将来ビジョン構築

成果物:成果を上げるために必要な物
1.営業部長職務記述書及び評価表
2.営業部門改善余地レポート
3.営業マニュアル
4.営業トークシナリオ
5.人材育成マニュアル
その他レポート、テンプレート類

契約期間:1年契約。以降費用対効果を検証の上、再契約可。
実施場所:貴社
営業部長代行者:弊社コンサルタント及びパートナーコンサルタント
(独自研修プログラム修了者)

 

【営業部長代行サービスフロー図】

・フェーズ1:現状分析
将来ビジョン構築
営業同行やPDCA分析などを実施し改善余地を算出します。
課題の優先順位付けを行います。
職務記述書を完成させ営業部長代行としての実施事項と成果を確定させます。

・フェーズ2:実行計画策定
各課題の解決策を現場を巻き込み立案し実行計画へ落とし込みます。
現場からの改善提案を引き出し現場と経営との擦り合わせを行います。

・フェーズ3:定着化(癖付け)
実行計画と実行状況の進捗確認を行い更なる改善活動を実施します。
PDCAサイクルを定着させます。

【自社採用・代替サービスとの比較】

採用 派遣 営業部長代行サービス(当社)
コスト ×(良い人がいれば◎) × 〇新入社員一人分の費用
専門性 ×(合う人がいれば◎) ◎貴社の状況に合わせ対応
内部蓄積 ×(良い人がいれば◎) 〇(変えれば良い) 〇仕組みの定着化
総合比較 △(良い人がいれば◎) 〇(変えが効く)

 

当社が現場に入り込み一緒に汗を流し支援してきたお客様の声をご覧ください。

 

お客様の声

鳥山畜産食品株式会社
代表取締役社長 鳥山真 様

既存の営業スタイル( 受注商品のルート配送+営業 ? )からの脱皮を図りたい一心でお話を伺い、また過去の振り返りを同時に行いつつ作戦を立てていきました。

(中略)

現場社員とのコミュニケーションも上手く運び結果的に『 本当の現場 』をつかんで頂けた事は大きな一歩でした。見えなかった事が徐々に見えてきた結果、営業部として何となく掲げてある目標と今目の前で起こっている事までの距離が少しづつ明確に測れるようになりました。
作業はすべて営業部管理職が中心となって進めましたが、指導して頂く中でも決して上からの指示という形では無く『 改善余地(どこまで努力すれば目標達成するか) 』を見える化する為に社員と一緒に考えて、出来る事・やるべき事を丁寧に社員と一緒に明文化されていきました。
既にここまでの過程において、管理職に就く社員が徐々に『 考えて行動する 』様子が増え、私自身も考え方に良い意味で変化が起こっている事を感じておりました。
いつしか自分の考え、自分の行動に期限を設け、明確なゴールを設定する事で初めて今日の営業活動・管理活動が始まるのだと気付かされました。
『 指示待ち 』という古い習慣から脱皮を図っている最中なのだと実感しました。商品を沢山抱えて出発し、空っぽにする事でしか達成感を得る事が出来なかった営業部の体質を、スタートからゴールまでの道のりを可視化する事で『気持ちに余裕を持たせ』、余裕を持った営業社員は新たな改善ネタに『気付き』、可視化された工程を達成する為に『自ら考えて行動する』という、考えられなかった仕組み改善という結果を生む事となりました。

記録、規則の厳守など最も嫌う言葉とは無関係に、日々の売上を自ら管理シートに書込み、全体が見える楽しさから分析作業も行い、新たな営業活動に活かす事も信じられない変わりようで感謝の言葉もありません。 (精肉卸売業)

 

株式会社ゼネック
代表取締役 求利文 様

コンサルティングをお願いしてから早1年が過ぎました。
ご指導のお陰で昨年の売り上げが前年比8.5%のプラスとなり、費用対効果を見ても納得できる数字が出ているなと、ホッとするとともに内心喜んでおります。
なぜなら当社のような採算ぎりぎりの会社では、コンサルタントを依頼する金銭的な余裕がなく、思い切って依頼するにしても、そのコンサルタントが優秀で、しかも成果を出せるかどうかは結果の数字でしかわかりません。
高いコンサルタント料金をどぶに捨てる場合もあると経営者仲間から聞いていましたので、この数字は本当に嬉しかったのです。

(中略)

経営者が言いたいことを代弁しながら、全体のモチベーションを上げ、実際に成果を出していくプロセスはさすがプロだなと感心させられました。今では、内海さんに頼んでよかったなと思っております。
ですが、会社は変化し、日々動いて、課題が山積しておりますので、今後とも課題克服のため的確なご指導をいただき、加えて経営者のメンターとしての役割もお願いしたい。
簡単ではありますが、まずはお礼とお願いまで。 (賃貸リフォーム、清掃業、家事代行業)

良く頂く質問とその回答集

Q&A

Q:営業代行との違いは何ですか?
A:営業代行は営業を代行します。求められる成果は売上です。当社のサービスは営業部長を代行します。求められる成果は売上+人材育成です。売上に重点をおくのか人材育成に重点を置くのかはお客様によって違います。重点課題を相談しながら代行項目を決定します。

Q:依頼するにあたり業種や規模の制約などはあるのでしょうか?
A:業種は問いません。これまで当社では、あらゆる業種に対応してきました。当社ホームページのコンサルティング実績項目でご確認ください。しかし、短期的売上向上を目的とするのであれば各業種に強い営業代行会社が費用対効果が高いと思われます。規模については10名~100名規模程度が最適です。それ以上の規模の場合はコンサルティングで対応致します。

Q:なぜ、営業部長代行を出来るのですか?
A:当社代表の内海はコピー機の飛び込み営業を皮切りに営業畑一筋です。100年企業の株式会社近江兄弟社で部下育成、社長室の仕事を行いました。その経験を活かし10年以上にわたり中小企業の営業部門の組織確立コンサルティングを行ってきました。これらの経験と実績を体系化したコンサルティング理論が当営業部長代行サービスです。

Q:何をやってくれるのですか?
A:最初に社長と相談の上実施事項を決定します。
具体的イメージを持ってもらうには、
営業部長の仕事と役割をご覧頂くと理解が早いでしょう。
当社が営業部長代行として行っている内容について記載しております。

Q:営業部長代行をしてくれるのはどのような人ですか?
A:当社社員コンサルタント及びパートナーコンサルタントです。全コンサルタントが当社所定の40時間に及ぶ研修を修了しております。コンサルタントは「俺のやり方」ではなく当社のやり方で営業部長を代行します。

Q:訪問頻度について?
A:当初1~3ヶ月間は月2~週1回程度訪問いたします。半年程度経過後は月1、2回程度になると想定されます。理由として導入期には現状分析及び貴社社員との良好な関係作りのため訪問頻度を増やす必要があるためです。その後仕組の定着化で頻度より質へと変化するからです。

 

言葉をつくして説明しましたが、
「見えない」サービスです。
百聞は一見に如かずです。

下記フォームよりお気軽にお問合せください。

お問い合わせ先

電話:03-5542-1092
メール:info☆hcj.bz
迷惑メール対策で@を☆マークに置き換えております。送信時には@マークで送信ください。
便利な下記問い合わせフォームをご利用ください。

都道府県