営業部長 営業課長 営業マネジャー 管理職研修 13 自己研鑽

5・自己研鑽

当ブログは社員数30~100名、営業社員10~30名程度の中規模企業向けの内容です。対象読者の営業課長は部下を数名抱えながら、営業現場であるお客様を訪問しているプレイングマネジャーです。年齢層は30代~50代。

 

問題提起:自己研鑽していますか?

解説:会社から期待されている営業課長の仕事は上記3点です。
しかし、これからを生きるあなたには「自己研鑽」を行ってもらい人生100年時代を生き抜いてもらいたいので1章追記する事に致しました。
中規模会社の営業課長である皆さんの年齢は30代後半~40代でしょう。
20年前の人たちは50代後半で部長。60歳で定年退職。
あとは悠々自適の年金生活を思い描いていた事でしょう。
しかし、これからの世代はそうは行きません。
会社で働きつつも社外のネットワークを構築し70代半ばまで働けるようにする必要があります。また、働き方も大きく変化しています。2016年現在でフリーランスとして働いている人は1,100万人を超えました。
会社の中だけしか知らないと「井の中の蛙大海を知らず」の状態となります。
外海を知り社内に活かす事が可能となります。
また、管理職だからこそ、外部の人の視点や考え方を取り込みやすくなります。
それは、ただの「お願いします=子供営業」ではなく外部の人たちの部下育成や全社視点が実体験として分かるからです。
自分が営業部長、社長になるまでに勉強すべき事やこれから必要になる事について自己研鑽を始めるのにちょうど良い時期だと言えます。
現在私は51歳です。
私の周囲で30~40代でファンを集めている成功者がいます。
彼らは若くして自己研鑽、情報発信を始めました。
彼らは10年以上かけて現在の地位を築いています。
私は今さらになって情報発信を始めていますが遅きに失した感は否めません。
会社員で営業課長として一番忙しい時期だからこそ「旬の情報」が入ります。
是非、いろんなところに出かけ自己研鑽してください。
私は100年企業の近江兄弟社で12年働き営業課長職を経て経営企画課長職で退職しました。
独立後10年経ちました。独立して数多くの失敗をしました。

心が折れそうな経験も何度もありました。後悔はしていませんが、「知っていれば良かった事」も多数ありました。私の実体験が何かお役に立てればと考え自己研鑽の章でお伝えします。

会社を辞めずとも出来る事が多くなってきた時代です。
どの道を選択するのも自由。
死ぬときには「いかに生きたか」の自己満足で死にたいものです。

**********************************************************************

「まとめて読みたい!」との声を受けて、
当ブログ「営業管理職研修」カテゴリを小冊子にしました。
下記よりお申し込みお願いします。
http://bit.ly/2osNGLF

**********************************************************************

営業部長 研修
営業課長 研修
管理職  研修
講演・セミナー企画については、
お気軽に下記までお問い合わせください。
※メールは面倒という方は直接お電話ください! ⇒03-5542-1092

研修・講演企画提案書